K-POPアイドルが飲酒での生放送でSHINeeやINFINITEを侮辱して物議

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイズアイドルグループVIXX(ヴィックス)のメンバーのホンビンが、同じくボーイズグループであるSHINeeやINFINITEを侮辱する発言で、大きな物議を醸した。

ホンビンは最近、個人のネット生放送を飲酒状態で行ったのだが、ある歌を聞いている途中、SHINeeのステージ映像が突然流れると、しかめっ面をして「誰がバンド音楽にこんなアイドル音楽をかけるの。あいまいに」と発言した。

【写真】軍隊ではSHINeeとINFINITEとVIXXメンバーが集まって…

そしてホンビンは、放送終盤にはカメラに向かって突然、指で侮辱するようなポーズも取っていた。

またホンビンは最近、他の番組でINFINITEの振り付けについて、「俺だったら振り付けが○×△」と発言し、議論を呼んだ。

ホンビンの該当放送や発言が伝えられると、SHINeeファンやINFINITEファンはもちろん、他のネットユーザーたちも問題視して、ホンビンに対して公式謝罪を要請した。

これに対してホンビンは、3月1日午前5時30分にインターネット個人放送を通じて議論について直接口を開いた。

2時間行われた放送でホンビンは、ゲームに関連したインターネット放送と本業のアイドル活動を区分しようとしてきたが、飲酒状態でこのような間違いをするようになったと明らかにした。

(画像=ホンビン個人放送時のキャプチャー)

ホンビンは「侮辱しようとした話ではなかった。僕の発言に間違いがあったのは確かだ。申し訳ない」とし、放送中に数回にわたり「すべてに気をつけなければならない。考えが短かった。ミスだ。他の人に被害を与えた。すべてが自分の誤りだ。物議を醸して申し訳ない」と謝罪した。

ただホンビンは「一部分だけを見ただけでは問題がある」とし、「一部ではなく放送全般を見て話そうとした。断片的な姿ではなく全体を見ればわかるだろう。一部分を見ると、誤った発言をしている」と説明している。そして、飲酒での放送で良くなかった点があったことを認めた。

この釈明放送中、所属事務所のスタッフが訪れ、しばらく中断されたこともあるが、また席に座ったホンビンは「(こんなことをするなら)グループから出て行け」と言われたと明らかにし、「そうだと思う。個人のことだけ考えてしまったようだ。グループから出ろと言われれば出るだろう」と伝えた。

そして「僕らのグループの悪口を言わないでほしい。僕が悪かったのであって、グループが悪かったわけではない」と話した。

なお、ホンビンは1年前からツイッターで「コンビニ」というニックネームで個人の生放送を進行中だった。

(写真提供=JELLYFISHエンターテインメント)ホンビン

◇ホンビン プロフィール

1993年9月29日生まれ。VIXXのメンバーとして2012年にデビュー。努力家で完璧主義な性格が有名で、メンバーたちへの小言も厭わないタイプ。おばあちゃん子だったためか普段は礼儀正しく、いつも祖母にもらった数珠を持ち歩いている。日本のドラマ『空から降る一億の星』の韓国リメイク版にも出演している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事