「婚姻証明を捏造された」不倫疑惑で訴訟を起こされた韓国美人女優が“えげつない”真相を明らかに

2021年11月19日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツアナウンサー出身でタレント兼女優のファン・ボミが不倫疑惑に巻き込まれる中、所属事務所側が公式の立場を明らかにした。

【関連】「家庭が破綻」元女子アナの30代タレント、不倫で訴訟を起こされる

ファン・ボミが所属するB.O.Tカンパニーは11月19日、「最近記事になった内容に対して、ファン・ボミの立場を伝える。正確な事実関係を把握するため、公式の立場が遅れた点ご了承ください」と切り出した。

「今年10月末に訴状を受け取ったことがあります。訴状の内容は、ファン・ボミに婚姻破綻の責任があるので、5000万ウォン(約500万円)を賠償するようにという内容でした」とし、「ファン・ボミは訴状に書かれた男性と交際した事実がありましたが、訴状を受け取って初めて、男性が既婚男性だということを知りました。男性は既婚男性という事実だけでなく、子供がいるという事実も隠したまま、ファン・ボミとの交際を始めた」と説明した。

(写真=ファン・ボミInstagram)

続いて「(交際から)8カ月後、ファン・ボミは男性の携帯に保存されている子どもの写真を見つけました。誰の子どもかという問いに対し、男性は言葉を変え続け、最後になってようやく自分の子どもであることを認め、この時ファン・ボミは男性に子どもがいるという事実を知りました」とし、「男性は、別れた元恋人(以下、Aさん)との間に生まれた婚外子で、Aさんとは結婚しておらず、子どもとだけ時々会っている状況だと説明しました」とした。

「捏造文書とは知らなかった」

また、「ファン・ボミは交際中に自分を騙してきた男性との信頼が崩れ、別れを告げました。 これに対し男性は、ファン・ボミに復縁を要求してきました。真剣に付き会ってきただけに、思いが残っていたので、ファン・ボミは本当に婚姻事実がないか確認するため、男性に婚姻関係証明書の閲覧を要請しました」とし、「ずるずると婚姻関係証明書の閲覧を先延ばしにしていた男性は5月、婚姻関係証明書をファン・ボミに見せ、ファン・ボミは結婚と離婚がない、きれいな婚姻関係証明書を確認したあと、男性と再び交際を始めました。当時のファン・ボミは、これが捏造文書であることを全く認識していませんでした」と伝えている。

また、「訴状を受け取ったあと、男性が結婚していることに気づいたファン・ボミは、男性に以前見せた婚姻関係証明書は何だったのかと尋ね、その時になって男が文書を捏造したと打ち明けた」とし、「訴訟の証拠として提出された手紙の内容には、“秋ごろにその事実を知り、年末年始まで大変な時間を経験した”という部分が出ているが、ここでの“その事実”とは、男性が既婚男性であるという事実について言及した内容です」と続けた。

さらに、一部メディアを通じて公開された、男性とファン・ボミが交わしたメッセージの顛末も説明。

(写真=ファン・ボミInstagram)

「男性は本人に婚外子がいますが、結婚式も婚姻届も出しておらず、A氏との関係整理も完璧に済ませていると言いました」とし、「こうした状況でA氏が、2人が過去に一緒に撮った写真をプロフィールに設定して、意図的に“誰ですか?”というメッセージを送り、ファン・ボミは男性にこれを見せると、男性は“ファン・ボミと別れさせるために、既婚男性だとA氏が嘘をついて刺激している”と答え、怒ったファン・ボミが返した内容がマスコミによって公開されました」と明らかにした。

最後に、「初めから既婚男性であることを知りながら交際していたというA氏の主張は事実ではなく、ファン・ボミは男性が公文書を捏造してまで騙すとは想像もしなかった。意図してはいなかったが、A氏を傷つけたという点について、文でお詫び申し上げます」とし、「理由の如何を問わず、ファン・ボミの私生活で社会的問題を起こしたことに対して、頭を下げてお詫び申し上げます。ファン・ボミは該当訴訟の件以外に、男性を相手取って損害賠償請求訴訟を準備しています。B.O.Tカンパニーとファン・ボミは、ファン・ボミの潔白を明らかにするため、真摯な姿勢で訴訟に臨むことをお知らせします」と締め括った。

財閥家の男に残酷に捨てられた…『私の頭の中の消しゴム』出演の韓国女優、衝撃の過去を告白

「不倫メダリストは私の夫ではない!」元韓国代表選手への疑惑、5月に再婚した妻が強く否定

【写真】大胆グラビアに美人姉妹!韓国の美しすぎる“スポーツ女子アナ”!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集