中国に60-100の大敗も…女子バスケ韓国代表がギリギリで東京五輪出場を決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子バスケットボール韓国代表が、12年ぶりにオリンピック出場を決めた。

【写真】『スラムダンク』流川楓の“実写バージョン”と話題になったイケメン!

イ・ムンギュ監督率いる女子バスケ韓国代表は2月9日(韓国時間)、セルビアで行われた2020東京五輪・女子バスケ最終予選グループBの中国戦で、60-100と大敗した。

しかし続いて行われた試合で、スペインがイギリスを79-69で下し、韓国、中国、スペイン、イギリスの4カ国の上位3カ国に与えられるオリンピック出場権を獲得した。

韓国は前日、イギリスに82-79で勝利し、最終成績3位(1勝2敗)で今大会を終えた。3勝を収めてグループ1位となった中国、2勝1敗のスペインもオリンピックの舞台を踏む。

(写真提供=韓国バスケットボール協会)女子バスケ韓国代表

まさにギリギリの出場権獲得

もし韓国が中国戦で勝利していれば、自力でのオリンピック進出となった。しかし中国に大敗し、スペインとイギリスの試合結果を待つ境遇になった。

スペインが勝利した場合、最終成績3敗のイギリスが最下位となって、韓国がオリンピック出場権を獲得できる。しかしイギリスが勝った場合、得失点差が決め手となるだけに韓国は非常に不利な状況だった。

幸いにもイギリスが3戦全敗で敗退したことで、韓国は東京五輪に出場できることになった。

女子バスケ韓国代表がオリンピック本選に進出するのは、2008年の北京五輪以来、12年ぶりだ。

2012年のロンドン五輪と2016年リオデジャネイロ五輪当時は、最終予選を突破できず、オリンピック進出の夢を果たせなかったが、今回の予選で善戦し、念願が叶った。

韓国代表チームは、1984年のロサンゼルス五輪で起した“銀メダルの奇跡”に再び挑戦する。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事