バロンドール投票する唯一の韓国紙が明かすソン・フンミンの得票数

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が12月2日、2019年のバロンドール賞を発表し、FCバルセロナ所属でアルゼンチン出身のリオネル・メッシが受賞した。メッシは4年ぶり通算6度目の受賞だ。

候補に挙がっていたソン・フンミンは22位だったが、少なくとも4票以上を受けたものとみられる。

【写真】ソン・フンミンを応援しない韓国の美人女優に非難殺到!!「嫌がらせはやめてほしい」

バロンドールの投票権は現在、ヨーロッパ各国の記者だけではなく、各国代表チームの監督とキャプテン、世界各国の主要メディアの記者たちが持つが、『スポーツソウル』は韓国メディアで唯一のバロンドール投票権を持つ。

その投票に携わったウィ・ウォンソク元編集局長は「フィルジル・ファン・ダイクを1位に、リオネル・メッシを2位にして投票した。サディオ・マネとベルナルド・シウバにそれぞれ3位票と4位票を投じた。5位にソン・フンミンの名前を入れた」と明らかにした。

(画像=バロンドールTwitter)

バロンドールのランクを見ると、28位が3人(ジョアン・フェリックス、マルキーニョス、ドニー・ファン・デ・ベーク)だ。

26位が2人(カリム・ベンゼマ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム)、24位もカルリドゥ・クリバリとマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの2人。23位はウーゴ・ロリス、22位がソン・フンミンだった。

まだバロンドールを主管する『フランス・フットボール』が各候補の総点、各国の記者別順位を公開していないが、28位3人が0票と仮定すれば、ソン・フンミンは少なくとも4票を受けたことになる。

スポーツソウルが5位票で1点を付与したため、韓国ではない他の国の記者もソン・フンミンに票を入れたのは確かなファクトだろう。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事