最新の女子ゴルフ世界ランキングで「TOTOジャパン」準優勝の韓国ゴルファーが3ランクアップ

2019年11月14日 ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

キム・ヒョージュが女子ゴルフ世界ランキング13位に上がった。

キム・ヒョージュは11月12日に発表された女子ゴルフ世界ランキングで、先週の16位から3ランクアップの13位につけた。

【関連】ギャラリーに“中指”立てた韓国ゴルファー、出場停止減免で賛否

彼女は去る11月10日、日本の滋賀県で行われた米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」で準優勝し(優勝は鈴木愛)、世界ランキングを引き上げた。

コ・ジンヨンとパク・ソンヒョンが世界ランキング1、2位を守るなかで、韓国人選手はイ・ジョンウン(6位)、パク・インビ(11位)、キム・セヨン(12位)、キム・ヒョージュ(13位)が15位以内に入った。

来年の東京五輪には、2020年6月の世界ランキング基準で15位以内に入った同じ国の選手は、最大4人まで出場が可能だ。

現在はコ・ジンヨンとパク・ソンヒョン、イ・ジョンウン、パク・インビが出場可能な状況で、キム・ヒョージュが前回大会準優勝で競争に火をつけたといえる。

(写真提供=KLPGA)キム・ヒョージュ

韓国女子ツアーで“全冠王”(賞金女王、最多勝、最少ストローク、大賞)となったチェ・ヘジンは、25位にランクインした。韓国女子ツアー最終戦「ADTキャップス・チャンピオンシップ」を制したアン・ソンイは、148位から103位に急上昇した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事