G阿部慎之助の引退に韓国メディアも注目…韓国でも「よく知られている」理由とは?

2019年09月25日 スポーツ一般 #野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部慎之助(40・読売ジャイアンツ)が今季限りで引退を予告した。

日本の主要なスポーツ紙が阿部の現役引退を伝えた。阿部はジャイアンツが5年ぶりにセ・リーグ優勝を決めた良い雰囲気のなかで、ユニホームを脱ぐという意思を明らかにした。

【写真】韓国の「美女チアリーダーTOP10」を一挙紹介!!

阿部は日本を代表する捕手として、2001年にジャイアンツに入団し、通算2000安打、400本塁打を達成した。

彼は、イ・スンヨプがジャイアンツの4番打者として活躍したこともあり、韓国内でもよく知られている選手だ。イ・スンヨプは日本でプレーしていた時代、阿部に助けを受けたことに対して何度か感謝を表したことがある。

2007年3月、ジャイアンツ時代のイ・スンヨプ(左)が阿部と打撃について会話をしている

また、現在KIAタイガースを率いるキム・ギテ監督とは、ジャイアンツの2軍で同じ釜の飯を食べた仲でもある。

阿部はプロ19年目の今シーズンは主に代打として出場し、打率0.297、26打点を記録しながらベテランとしての存在感を見せた。ポストシーズンまで、チームに貢献する予定だ。

彼が引退の意思を明らかにすると、現地では「阿部はカリスマ性と信頼を兼ね備えた。原辰徳監督を補佐するコーチとして赴任する可能性が高い。将来の巨人監督候補」と展望した。

2019年2月20日、沖縄セルラースタジアム那覇でKIAタイガースのキム・ギテ監督(左)と阿部が会話を交わしている。2人はジャイアンツの2軍で同じ釜の飯を食べた。阿部がキム・ギテ監督を訪ねて挨拶した

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事