パラ選手団長会議で韓国が福島食材や旭日旗などを抗議も…「他国の抗議はあまりない」

2019年09月10日 スポーツ一般 #東京五輪
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国障害人体育会はチョン・ヘジャ事務総長を代表として、9月8日から7日間、日本・東京で開かれる「2020東京パラリンピック大会選手団長会議」に参加している。

【関連】東京五輪で“旭日旗”は使用できる? 日本組織委員会の回答とは

チョン事務総長は今回の団長会議で、基本的な競技場、交通、宿泊などの分野別の準備事項を確認し、福島産食材の使用措置、大会組織委員会のホームページ内の竹島表記、旭日旗の競技場搬入許可、旭日旗をイメージしたパラリンピックのメダル採用などの問題を提起した。

障害人体育会の関係者は、現在の進捗状況について「旭日旗に関連して中国からも反応が出ている。福島産の食材はパラリンピックが短期間だからか、各国からの開催国への抗議がそれほど強くない」と述べた。

旭日旗に関する周辺国との協力は少しずつ進行しているが、福島産食材への反応はそれほどないということだ。危険性は認識されているが、パラリンピックは短期間であるため、放射能の問題にそれほど積極的ではないという。

(写真=東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式サイト)東京2020パラリンピックメダル

韓国障害人体育会は、食材に関連しては大韓体育会と議論し、独自の空輸を検討している。しかし日本の通関の問題が発生する余地がある。

一方、CNNは最近、「日本の戦犯旗である旭日旗は、韓国人にはナチスのハーケンクロイツと同じ悪魔の象徴」とし、両国が対立する状況を伝えた。韓国側は「旭日旗は日本帝国主義と軍国主義の象徴」とし、オリンピックでの使用禁止を要求しているが、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、伝統的なデザインに過ぎないと対立している。

CNNは「歴史問題で始まった葛藤が両国の貿易紛争に拡大した」と伝え、全方位的に対立する両国の状況も伝えた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事