“0勝12敗”の女子バレー韓国代表、VNL史上初となる勝ち点ゼロで大会を終える

このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかの全敗で大会を終えた。

【写真】「この世の美貌じゃない」韓国女子バレー選手のビジュアル

女子バレー韓国代表は7月1日(日本時間)、ブルガリア・ソフィアで行われた2022 VNL(ネーションズリーグ)第3週の対戦相手イタリアに1-3(17-25、25、23、15-25、19-25)で敗れた。

イタリア戦では1セットを獲得したが、初勝利を挙げるには力不足だった。イ・ハンビが14得点、パク・ジョンアが13得点、イ・ダヒョンが9得点と奮闘したが、戦力差を克服できなかった。

続いて3日の中国戦も1-3(13-25、25-19、19-25、24-26)と敗北した韓国は、2018年から始まったこの大会で、史上初めて全敗で終えることとなった。

(写真提供=FIVB)女子バレー韓国代表

同じアジアの日本代表(8勝4敗、4位)、タイ(5勝7敗、8位)と比較しても、圧倒的に残念だと言わざるを得ない結果だ。

女子バレー韓国代表は5日に帰国する予定。

【写真】韓国の美女バレー選手6選

【写真】韓国美女バレー選手、“モデル顔負け”のキス顔

いじめ問題で非難轟々…「欧州逃避」した韓国女子バレー選手のイマ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集