「私のキャリアは第5セットのデュース」韓国女子バレー37歳ハン・ソンイがプロ19年目に懸ける思い【インタビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「オンニ(姉さん)は何度も“引退した方がいい”と言いますが、私はそんな考えありません(笑)」

【写真】「柔軟性が…」ハン・ソンイのピラティス姿

韓国プロバレーのVリーグ発足以前の2002年にプロデビューしたハン・ソンイ(37、KGC人参公社)は現在、19回目のシーズンに向けた準備を進めている。

今や新人選手と20歳も離れた大ベテランとなったハン・ソンイだが、コンディションは依然として万全だ。体脂肪率や筋肉量など、数値で見れば若手にも劣らないほどだ。それだけ自己管理をしっかりしている“プロフェッショナル”という意味だ。

実際、バレーボールチームの各関係者はハン・ソンイのことを「最高のプロ選手」と絶賛する。選手である以前に、立派な人格を備えた「大人」と呼ばれることもある。これこそ、ハン・ソンイが“ロングラン”を続けられる秘訣だ。

そんなハン・ソンイにとって、来る2022-2023シーズンは“ラストダンス”の舞台となる可能性が高い。

6月14日、大田(テジョン)の体育館で本紙『スポーツソウル』のインタビューに応じたハン・ソンイは、「私のバレーボール時計は第5セットのデュース、15-15ぐらいまで来ていると思う。あと2点加えれば試合が終わる状況ではないか」とし、「断言はできないが、最後のシーズンになると思う。実際、いつもそんな気持ちでシーズンを始めてここまでプレーしてきたが、今回は感じるものが違う。本当に最後になりそうな雰囲気だ。だからこそ、いつも以上に特別な心構えを持っている」と本心を打ち明けた。

インタビューに応じたハン・ソンイ

「選手でなくなった自分が想像できない」

過去に一度引退を考えたときからすでに数年が過ぎた。今も周りからは「引退」という言葉をよく耳にする。

かつては自身と同じプロバレー選手であり、現在は解説者を務める実姉のハン・ユミからも「何度も“引退した方がいい”と言われる」と笑顔で述べたハン・ソンイ。

「もちろん、私も(引退に対する)考えはたくさんしている。今もオフシーズンにトレーニングすることが本当に大変ではある。引退後に何をすれば良いのか悩んだりもする今すぐ引退してもおかしくないのは事実」という彼女だが、「終わりを考えるたびに泣きそうになる。バレーボール選手ではない私として生きていくことの想像ができない。私を代表する単語がなくなることが実感できない。とても悲しいと思う」と、目頭を赤くしながら語った。

ハン・ソンイが簡単に引退を決断できない理由は、現在所属するKGC人参公社に対する愛情、さらには未練のためだ。

「KGC人参公社に来てもう5年が経ったが、この間にポストシーズンに進んだことがなかった。個人的に残念な部分もあるが、それよりもチームに申し訳ない気持ちが大きい。その未練のために続けることになる。今季こそ必ずポストシーズンに進むか、優勝して、未練な去りたい」と、ハン・ソンイは目標達成への覚悟を語った。

さらには、「今一緒にプレーしているチームメイトも、もしかしたら私の最後の仲間になるかもしれない。このメンバーで必ず何かを成し遂げたい。記憶に残るシーズンになることを期待している」と強調した。

(写真提供=KOVO)昨シーズンのハン・ソンイ

新シーズンに向けた現在の感覚は良い。新指揮官のコ・ヒジン監督は情熱にあふれた指導で選手を鼓舞し、イ・スクジャ新コーチは女子選手の心理を理解した繊細な指導を行う。新指導陣のもとでチームの雰囲気も180度変わった。

「1カ月以上練習しながら、お互いについてよくわかりあっている。コ・ヒジン監督は私が高校生の頃、成均館(ソンギュングァン)大学に練習に行ったときに初めて見た。当時は今より何倍もファイトにあふれていた。イ・スクジャコーチは今も“オンニ”という言葉が出てくるのではないかと気を付けている」

「私たちに足りなかったことが、監督、コーチの合流によって改善された形だ。昨シーズンも序盤は良かったが、後半戦が良くなかった。闘志があふれながらも雰囲気を反転できる力が足りなかったが、二人がそれらを満たしてくれそうだ。これまでもシーズンを準備しながら良い感覚を持っていたが、今回こそは“本当”だと思う」と、ハン・ソンイは新シーズンへの期待感を示していた。

 ◇ハン・ソンイ プロフィール

1984年9月5日生まれ。 韓国・京畿道出身。身長186cm。大韓民国のプロバレーボール選手で、大韓民国代表。VリーグのKGC人参公社に所属している。2つ上の姉ハン・ユミは元バレー選手であり、現在は解説委員を務めている。

2016年に韓国で放送されたスポーツバラエティ番組で俳優チョ・ドンヒョクと知り合い、恋人関係に発展。2017年に交際の事実を認めた。

【写真】「この世の美貌じゃない」韓国バレー美人姉妹の圧巻ビジュアル

【写真】韓国美女バレー選手、“モデル顔負け”のキス顔

いじめ問題で非難轟々…「欧州逃避」した韓国女子バレー選手のイマ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集