“ギャラリーに中指”で物議の韓国人ゴルファー、有観客大会で久しぶりの優勝「温かい応援感じた」

2022年05月09日 ゴルフ #男子ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国男子プロゴルファーのキム・ビオ(31)が、韓国プロゴルフ協会(KPGA)とアジアンツアーが共同主管するメジャー大会で久しぶりに優勝の栄光を味わった。

【写真】キム・ビオ、観客に中指立てた衝撃の瞬間

キム・ビオは5月8日、京畿道(キョンギド)城南(ソンナム)市の南ソウルCCで行われた「第41回GSカルテックス毎経オープン」最終ラウンドで1オーバーの「72」を記録。

通算9アンダーの「275」とし、日本ツアー通算2勝のチョ・ミンギュ(33)を2打差で引き離して優勝を果たした。

(写真提供=大会組織委員会)キム・ビオ

2010年の「ジョニー・ウォーカー・オープン」でKPGAコリアンツアー初優勝を果たしたキム・ビオは、2012年の「第31回GSカルテックス毎経オープン」で通算2勝目を達成。それ以来、10年ぶりに同大会で優勝を果たしたキム・ビオは、同大会6人目の複数優勝経験者となった。

そんなキム・ビオは、約2年前にとある行動で物議を醸したことがあった。2019年9月に行われた「DGB金融グループボルビック大邱慶北オープン」の最終ラウンドで、ギャラリーの騒音に腹を立て、中指を立てるジェスチャーをギャラリーに向けて行ったのだ。

(画像=JTBCゴルフ)観客に中指を立てたキム・ビオ

この行動は大きく問題視され、協会からは3年間の資格停止処分が下された。ただ、最終的に1年間の資格停止に減免され、代わりにボランティア活動120時間が付与された。キム・ビオはこの間、ボランティアなど善行に励みながら、ゴルフファンの許しを請うた。

大会を終えて、「あれ以来、初めてギャラリーが入った大会なので緊張したが、初日からファンの温かい応援を感じた」と振り返ったキム・ビオ。「より一層努力をし、ファンとともにする選手になる」と今後の決意を語っていた。

観客に“中指”立てたキム・ビオが「重大な違反を犯した者」でない理由

【写真】韓国女子ゴルファーの“無防備なあぐら”

【写真】「心臓バクバク」韓国女子ゴルファーのプライべートSHOT

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集