「男子のような攻撃スピードバレーだ」選手たちが語る女子バレー初の外国人監督の哲学とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子バレーボール韓国代表のStefano Lavarini監督が、韓国女子バレーに新しい風を準備している。

Lavarini監督は5月7日に入国し、現在は鎭川(チンチョン)にある国家代表選手村で代表チームを指揮している。

イタリア出身のLavarini監督は1979年生まれと若いが、イタリアとブラジルで華麗な指導者経歴を積んできた。世界の流れに合う先進バレーボールを韓国に伝える人物だ。

Lavarini監督は「攻撃的なスピードバレーボール」を追求している。

セッターのイ・ダヨンは監督の指導についてこう語る。

【PHOTO】“Vリーグ女神”に“美人姉妹”、日本との因縁も。韓国美女バレー選手ベスト6を一挙紹介

「特定の選手だけを活用するパターンプレーに依存するよりも、トスを送る際にもっと果敢に両サイドを活用しろと強調されている。例えば後衛からの攻撃を試みる際、単純に中央で試みるのではなく、男子選手のように最大限多くの選手が攻撃に参加するように指示されている」

1人か2人の巨砲に攻撃を集中させる別名“モルパン(集中投資という意味を持つ)バレーボール”ではなく、サイドからセンターまで積極的に攻撃に加担するバレーボールを展開しようというわけだ。

チョン・デヨンも「(監督が求めるのは)スピードバレーボールだ。セッターの手からボールが早く離れるように注文する。セッターは素早くジャンプトスをしなければならない。センターも素早く攻撃しなければならない」と、新監督のコンセプトを語った。

首席コーチのカン・ソンヒョンも「男子バレーボールに近い。速攻もネットに付かず、離れて試みろと強調する。韓国国内のセンターのほとんどがペインティングを試みることがよくあるが、監督はそうした攻撃よりも後方から力を入れて打つように注文する」と、付け加えた。従来の韓国バレーボールのパラダイムとは明らかに異なる雰囲気が感知できる。

そんなLavarini監督が何よりも強調するのは、ブロッキングだ。

監督は「ブロッキングを含む守備をシステムにしなければならない」とし、守備意識の変化も必要だと主張した。韓国でブロックは特定選手を阻むための手段だが、監督はブロックが守備の始まりにならなければならないと信じている。

チョン・デヨンも「ブロッキングに重点を置いている監督。センターが相手のすべてのアタックにつきまとう守備を望まれている。最初は大変だったが、うまく適応している」と語った。

女子バレーボール韓国代表は5月19日、セルビアに出国してFIVBネーションズリーグ1週目の日程を消化する。

トルコ、セルビア、オランダと同じ組に属している韓国。キム・ヨンギョンが休憩中で、パク・チョンア、イ・ジェヨン、イ・ソヨンら主砲が負傷で戦力から離脱しているため、容易ではない試合が予想されるが、新監督は「手元にある資源で最大限良い結果を出すために準備する」と覚悟を語っている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事