女子バレー韓国代表のイタリア人監督「キム・ヨンギョンは最も重要な選手」【現地インタビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子バレーボール韓国代表のStefano Lavarini監督が、キム・ヨンギョン(エジザージュバシュ)への期待を隠さなかった。

Stefano Lavarini監督は5月7日午後、仁川空港に到着した。Stefano Lavarini監督が韓国を訪問したのは、昨年3月以来、2カ月ぶりのことだ。

【PHOTO】“Vリーグ女神”、日本との因縁も。韓国美女バレー選手ベスト6を一挙紹介

Stefano Lavarini監督は「すごく興奮している。去る3月にも訪韓したが、当時は期間が短かった。今から本当の新たなスタートという感じがする」と意欲的なコメントを残した。招集初日に合流できなかった代わりに、選手たちに「一緒に良いチームを作っていこう」とメッセージを残すほど、大きな情熱を示している。

女子バレー韓国代表は4月28日に選手村に招集され、5月21日からセルビアで始まる国際バレーボール連盟(FIVB)バレーボールネーションズリーグに向けて準備を進めている。Stefano Lavarini監督は最初の韓国訪問時、Vリーグ女子の試合を観戦した。自分の目と、韓国バレーボール協会が提供したデータをもとに選手を選抜した。

Stefano Lavarini監督は選手全員が攻撃に参加する、“スピードバレーボール”を追求する。スピードバレーボールの中核を担うセッターとセンターの選抜に興味が集まるのも、そのためだ。

5月7日、仁川空港でインタビューに応じる女子バレー韓国代表Stefano Lavarini監督

Stefano Lavarini監督は「セッターは他の選手が上手く攻撃できるように、ボールを迅速かつ正確に上げなければならない。速いバレーボールを追求するため、ミドルブロッカーをはじめとする他の選手たちの相性も重要だ。センターはセットプレーが重要である。一度、選手を確認しなければならない」と述べた。

韓国女子バレーのエースで、主将を務めるキム・ヨンギョンは、所属チームのスケジュールを5月初めに終えた。5月8日に帰国して休息し、代表チームにはネーションズリーグ第3週のアメリカ大会から合流する予定だ。

Stefano Lavarini監督は、「キム・ヨンギョンは現在、代表チームの選手たちとは他の環境でプレーしている。主将であり、最も重要な選手だ。さまざまな能力を発揮してくれると信じている」と期待を表わした。

(写真=エジザージュバシュFacebook)キム・ヨンギョン

女子バレー韓国代表はセルビアをはじめマカオ、アメリカ、イタリア、そして韓国を回ってネーションズリーグの日程を消化する。8月には東京五輪の世界予選が開かれる。ここで出場権を獲得できなければ、2020年1月のアジア地域予選に参加しなければならない。休む暇もない、タイトなスケジュールだ。

Stefano Lavarini監督は「今年は多くの大会がある。いろんな方法を使って選手たちを把握し、トレーニングに適用する考えだ。チームを早く作って、8月のオリンピック予選で結果を残さなければならない。遅くとも翌年1月には、より良い姿を見せたい」と、覚悟を明らかにした。

Stefano Lavarini監督は外国人登録証の発行など行政手続きを終えた後、5月8日午後に選手村に入り、選手たちと最初の会議と練習を実施する。監督を補佐する4人のコーチングスタッフは、5月8~9日に入国する予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事