ソン・フンミン、今年上半期だけで10億円以上稼ぐ。気になる使い道は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表FWソン・フンミン(29、トッテナム)が、今年上半期だけで100億ウォン(日本円=約10億円)を超える収益を得ていたことがわかった。

【関連】ソン・フンミン、BTSにサプライズプレゼント

9月29日に放送されたMnetのバラエティ番組『TMIニュース』は、スターの2021年上半期収益ベスト11を公開。

6位にランクインしたソン・フンミンは、上半期だけで約115億ウォン(約11億5000万円)の収益を上げていた。

番組によると、ソン・フンミンは年俸だけで収益79億ウォン(約7億9000万円)を記録したという。

ソン・フンミンは今夏にトッテナムと2024年まで契約延長した際、週給も20万ポンド(約3000万円)にアップした。日当換算で4500万ウォン(約450万円)に達する金額であり、チーム最高の待遇でもある。ソン・フンミンは韓国人欧州組として初めて年俸1000万ポンド(約15億円)を記録した選手となった。

年俸のほかでは広告面で巨額の収益を獲得。今年だけで6つの広告と新たに契約したソン・フンミンは、広告1本あたり1年基準で12億ウォン(約1億2000万円)を受け取る。つまり、上半期だけで計算すると約36億ウォン(約3億6000万円)となる。

(写真=『TMIニュース』キャプチャ)

番組によると、ソン・フンミンは稼いだ収益の一部をスーパーカー収集に使用するという。

イギリスメディアによると、ソン・フンミンは多数のスーパーカーを集めるなかでフェラーリの限定499台「ラ・フェラーリ」も購入。同車を購入できるのはフェラーリと顔が合う人物で、過去のフェラーリの所有履歴も必要だという。

「ラ・フェラーリ」の価格は115万ポンド(約1億7000万円)で、ソン・フンミンはライバルチームを象徴する赤色を購入できず、黒色を購入したようだ。

ほかにも、番組ではソン・フンミンがマセラティやアウディ、ベントレー、レンジローバーの高級車も所有していることが紹介されていた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集