日本から韓国女子ゴルフに挑戦状!! KLPGAツアー初挑戦の高林由実とは?

2019年03月08日 ゴルフ #韓国女子ツアー
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアー2019年シーズンの開幕が1カ月後に迫るなか、韓国の舞台に挑戦する海外選手がいる。昨年11月に開催されたKLPGA「2019正規ツアー・シード順位戦」を通じてツアー入りした高林由実だ。

高林は2008年に日本でプロ生活を始めた選手だ。

身長171cmの長身から繰り出す大きなスイングアークで、240m近いドライバー飛距離を誇る。

JLPGA1部ツアーと2部ツアーであるステップアップツアーを並行してきた。優勝はないが、11年間のプロ生活を続けてきた高林は昨年、KLPGAツアーに挑戦状を突きつけた。

【PHOTO】中国からやってきた“美女ゴルファー”スイシャンの清純すぎる日常

KLPGAの2019年シード順位戦予選から出場した高林は2日間、1アンダー、143打(74-69)をマークして30位を記録し、本大会に進出。肌寒い天気の中に行われたシード順位戦で、4日間安定的なゴルフを披露し、イーブンパー288打(72-70-72-74)で本選を終え、シード順位26位に入った。

高林は「まずはKLPGAツアーに一日も早く慣れていきたい。その後、私の名前が韓国ゴルフファンたちにも記憶させるように良いプレーを見せたい」と誓う。

以下は、高林由実との一問一答。

―2019年KLPGAで新しい挑戦を始めるが?

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事