日本で活躍するキム・ハヌルも!韓国女子ツアーの「ホール別最少ストローク数」を一挙紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021シーズンの韓国女子ツアー開幕戦「ロッテレンタカー女子オープン」が成功裏に終了した。

【写真】キム・ハヌルのノースリーブ姿にファン熱狂

今シーズン残り30大会を残すなか、韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)は最近、KLPGAの全記録を網羅している「KLPGAデータセンター」を通じ、今シーズンにも更新可能な記録を紹介している。

そこで今回は、韓国女子ツアーにおけるホール別最少ストローク数を紹介しよう。

キム・ハヌルが達成した最少ストロークは…

昨シーズンの「済州三多水マスターズ」を制したユ・ヘラン(20)は、4ラウンド合計25バーディ・2ボギーを記録し、トロフィーを獲得。一度も首位を譲らない“ワイヤー・トゥ・ワイヤー”で優勝を果たすとともに、ルーキーながらタイトル防衛にも成功した。

同大会を通算23アンダーの「265(65-67-65-68)」の成績で優勝したユ・ヘランは、2013シーズンの「MBNキム・ヨンジュゴルフ女子オープン」で通算23アンダーの「265(68-68-66-63)」をマークしたキム・ハヌル(32)と並び、「72ホール最少ストローク」記録のタイに並んだ。

(写真提供=KLPGA)キム・ハヌル

ルーキーらしからぬ活躍で2020シーズンの新人王に輝いたユ・ヘランは、当時の記録についてこう振り返っている。

「当時は優勝に没頭していたので、大会終了後にタイ記録について知った。もし記録を知ったまま最後のホールに臨んでいたら、チャンピオンパットへの欲よりもっと攻撃的なプレーをしていたかもしれない(笑)」

「でも、タイ記録を通じて私の名前がKLPGAの歴史に残り、ファンに私のことを広く知らせられたようで、大きな意味がある。これからもホール別最少ストロークを含め、KLPGAのさまざまな記録を更新するため、挑戦を続けていく」

(写真提供=KLPGA)ユ・ヘラン

「54ホール最少ストローク」記録はチョ・ジョンミン(26)が保有している。

チョ・ジョンミンは2018年に行われた「第8回ロッテ・カンタータ女子オープン」で驚異の27バーディ・4ボギーを記録。通算23アンダーの「193(65-62-66)」とし、優勝トロフィーを掲げた。最終ラウンド時点で2位と6打差を離す圧倒ぶりだった。

加えて、チョ・ジョンミンは同大会の1~2ラウンドで「127」をマークしたことで「36ホール最少ストローク」記録も更新した。

(写真提供=KLPGA)チョ・ジョンミン

「18ホール最少ストローク」記録の保持者はイ・ジョンウン6(24)だ。

彼女はジョン・ミジョン(39)がそれまで保持していた通算11アンダー「61」という記録を、2017年の「OK貯蓄銀行パク・セリ・インビテーショナル」で14年ぶりに塗り替えてみせた。

イ・ジョンウン6は同大会の第2ラウンドで1イーグル・10バーディとし、通算12アンダーの「60」で29位タイから首位までジャンプアップに成功。勢いに乗ったイ・ジョンウン6は、記録更新とともに優勝まで果たす2倍の喜びを味わった。

また、イ・ジョンウン6は第2ラウンド前半で8アンダーの「28」を記録したため、「9ホール最少ストローク」でもタイ記録を樹立している。

(写真提供=KLPGA)イ・ジョンウン6
(写真提供=KLPGA)

Copyright @ Pitch Communications Ltd. All rights reserved.

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集