汗を拭っただけなのに…韓国プロ野球開幕戦で外国人投手に降りかかった受難

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国プロ野球のロッテ・ジャイアンツは、投手の癖を直すことにもう少し気を使わなければならないようだ。投手が審判の指摘によって動揺する場面が相次いでいる。

【関連】ロッテ・ジャイアンツのイ・デホが満塁打で大爆発!

ロッテ・ジャイアンツの投手ダン・ストレイリーは、4月4日、仁川(インチョン)で行われたSSGランダースとのシーズン開幕戦で急な乱調に陥った。

事件は1-1で拮抗した4回裏、SSGランダースの先頭打者チェ・ジョンと対戦した時だった。この日の韓国は気温15.1度、湿度42%と、スポーツに適した比較的穏やかで、絶えず動いていれば汗ばむ陽気だった。

ストレイリーは投球後、額に流れる汗を手のひらで拭く癖がある。捕手からボールを渡しされてグローブに納めたあと、帽子を持ち上げて汗を拭ってから投球の予備動作に。

この試合で主審を務めたカン・グァンフェ審判員は、チェ・ジョンに3球目を投げたあとのストレイリーに注意を実施。汗を拭うこと致し方ないが、手に異物がついた状態でボールを投げることは不正投球と疑われかねない。

カン審判員も通訳を介し、注意するように説明していた。汗を拭いた手をユニフォームで水分を取ってから投球するようにという意味だ。

審判に注意を受けているダン・ストレイリー(右)

突然の指摘にストレイリーは動揺し、内野安打と2点本塁打を許している。ペースを乱されたストレイリーは集中力を切らし、開幕戦で敗戦投手となってしまった。このような出来事はオープン戦でも散見されており、ビデオ判定のわずかな間で投球リズムを崩すことも珍しくなかった。

長いイニングにわたって投げなければならない先発投手にとって、非常にセンシティブな問題だろう。開幕戦でこのような出来事が起こっただけに、韓国プロ野球の投手たちは長いシーズンでの心配事が1つ増えた形だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集