ブルージェイズ戦力外の山口俊に韓国メディアも反応。リュ・ヒョンジンとの“日韓コンビ”で注目も…

このエントリーをはてなブックマークに追加

トロント・ブルージェイズの戦力外となった山口俊(33)に韓国メディアも反応している。

ブルージェイズは2月12日(日本時間)、山口を40人ロースターから除外し、代わりにジョエル・パヤンプス(26)を獲得したことを発表した。今後、山口はウェイバーにかけられ、トレードやマイナー所属、自由契約となる可能性がある。

山口は去る2019年12月、ブルージェイズと2年総額635万ドルの契約を結んだ。今シーズンの年俸317万5000ドルはひとまず保障されるが、球団は山口との契約が失敗したことを認めたわけだ。トロント現地では、山口の戦力外は予想できなかったという反応だ。

山口俊

当初は先発としての活躍が期待された山口だったが、2020シーズンは主にブルペン投手としてプレーした。2020シーズンは17試合に登板し、25.2イニングを投げて28被安打26奪三振17四球の防御率8.08を記録した。

リュ・ヒョンジン(33)との“日韓コンビ”で注目を集めた山口だが、わずか1シーズンでチームを去ることになってしまった。

【動画】山口俊とリュ・ヒョンジンのキャッチボール風景

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集