テムズ獲得の巨人に韓国メディアも注目「“巨砲軍団”が幸せな悩み…カギは彼らの適応」

2021年01月02日 スポーツ一般 #野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

エリク・テムズ(34)が合流した巨人は幸せな悩みを抱えている。

【関連】2021年の巨人-阪神戦は韓国プロ野球の“MVPバッター”対決に注目!

巨人は直近2年の日本シリーズで、福岡ソフトバンクホークスに2年連続4連敗を喫する屈辱を味わった。名門球団としてのプライドは大きく傷つけられた。

そんな巨人は現在、ストーブリーグで選手補強に乗り出し、再び日本一の座を目指している。

かつて韓国プロ野球で40本塁打と40盗塁に成功したテムズを迎え入れ、さらには米メジャーリーグ通算196本塁打の記録を持つジャスティン・スモーク(34)も獲得目前としている。

韓国プロ野球時代のエリク・テムズ

“巨砲型打者”の合流に、巨人は打線の構想に悩みを深めるだろう。原辰徳監督は1番・梶谷隆幸、2番・坂本勇人、3番・丸佳浩、4番・岡本和真という構想を明かしているが、外国人打者も加われば開幕戦の打順にも変動があり得る。

ただし、問題はテムズとスモークがどれだけ早く日本の野球に適応できるかだ。

テムズは韓国プロ野球時代から内角の低い球に弱点を見せてきた。これを日本の投手たちも見逃すはずがない。

日本にはさらに精巧で速いボールを投げられる投手が韓国よりも多く存在する。短所を克服できなければ、巨人の構想する強力打線からも外されかねない。

合流間近とされるスモークもアジアの野球に適応できなければ、巨人の日本一奪還は困難な見通しだ。幸せな悩みに陥った巨人は来シーズン、日本シリーズで再び笑顔を見せることができるだろうか。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集