“日本不買運動”が拡大するなか…韓国の市役所で特別講義「日本の経済侵略を正しく知る」

2019年08月30日 社会 #日本不買運動
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本政府の輸出規制によって日韓関係が悪化するなか、京畿道・光明(クァンミョン)市が最近、危機対応のための職員たちの力量強化に乗り出した。

市は8月27日午前、市役所の大会議室で職員を対象に「日本の経済侵略を正しく知る特別講義」を実施した。

【関連】“日本不買運動”の韓国でABCマートが強気の攻勢…韓国ブランドも対抗か

日本製品の不買運動が広がるなかで行われた今回の特別講義は、職員たちの政治的・経済的見識を広げて能力を強化し、世界的な観点から日韓関係を正確に見つめ、国民的な対応策を一緒に模索しようという意図で準備された。

特別抗議は共に民主党クォン・チルスン議員の講義で進行され、200人余りの公職者が参加した。

クォン・チルスン議員は、「強制徴用の補償が1965年の請求権協定に含まれているという主張は、明白な事実歪曲だ。過去史と経済問題が混ざってしまった今日の韓日経済葛藤を解決するためには、まずしっかりとした事実に基づく過去史の整理が必要だ」と強調した。

光明市は日本の輸出規制と関連して「日本の輸出規制対応、緊急対策班」を構成し、企業の被害事例を常時監視している。去る8月14日には、企業の対策として「企業人との懇談会」を開催するなど、企業の被害を減らすために総力を尽くしている。

(写真提供=光明市)「日本の経済侵略を正しく知る特別講義」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事