韓国では再びコロナ新規感染者“最多更新”…パンデミック以降初の4000人台で死亡者も増

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国では11月1日から「段階的な日常回復」、いわゆるウィズコロナに転換したが、パンデミック以降初めて新規感染者数が4000人台となった。

【関連】ワクチン接種の高校3年生が75日で死去…韓国で何があった?

中央防疫対策本部は24日0時基準で、新規感染者は4116人増え、累計42万5065人となったと発表した。前日(2699人)よりも1417人増加し、これまでの最多記録だった3292人(11月18日)を上回っている。

感染者の急増に伴い、重度の患者と死亡者の数も大きく増えた。同日集計された重症患者は586人で、前日の549人よりも37人増え、こちらも最多を更新している。

韓国のコロナ検査の様子

死亡者数も35人となり、今年7月の「第4次流行」開始以来最も多い。累計死亡者数は3363人で、国内平均致死率は0.79%だ。

新規感染者の感染経路を見ると、国内発生が4088人、海外流入が28人となっている。

国内発生と海外流入(検疫除外)を合わせると、ソウル:1735人、京畿道(キョンギド):1184人、仁川(インチョン):221人など、首都圏だけでも3140人の感染者が出ており、全国17の市道すべてで感染者が発生した。

韓国高校生の“黒人コスプレ”を非難したガーナ出身タレント、英BBCで「韓国の人種差別」を語る

韓国を揺るがした“n番の部屋”事件、懲役42年が確定した26歳の首謀者が恨み節?

“韓国名物”辛ラーメンが4年8カ月ぶりの値上げ!一体何があった?

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集