故サムスン元会長の邸宅はなんと431億ウォン!韓国高額住宅のランキングが話題に

2021年03月19日 社会 #サムスン
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国最大の富豪と呼ばれたサムスン電子の故イ・ゴンヒ元会長が所有していた、龍山区漢南洞(ヨンサング・ハンナムドン)の邸宅が、公示で430億ウォン(約43億円)となり、韓国全土で今年最も高い一戸建て住宅としてランクインした。

【関連】故イ・ゴンヒ元サムスン会長、株式の相続税だけで1兆円超えが決定

ソウル不動産情報照会システムが3月19日に明らかにした情報によると、かつて1位だったイ・ゴンヒ会長の約376坪とされる漢南洞の住宅(1245.1平方メートル)は、今年の公示価格が431億5000万ウォン(43億1500万円)で、昨年の408億8500万ウォン(約40億8850万円)から5.6%上昇したという。

2番目に高い住宅も昨年と同様、ソウルは龍山区梨泰院洞(ヨンサング・イテウォンドン)にあるイ・ゴンヒ会長所有の住宅(3422.9平方メートル)だった。こちらは昨年の342億ウォン(34億2000万円)から349億6000万ウォン(34億円9600万円)に2.2%値上げされている。

故イ・ゴンヒ会長

3位は新世界(シンセゲ)グループ、イ・ミョンヒ会長が所有する漢南洞(ハンナムドン)の自宅(2604.78平方メートル)で、今年の公示価格が306億5000万ウォン(約30億6500万円)となり、昨年の287億4000万ウォン(約28億7400万円)から6.6%上昇した。

そして韓国の元大統領らの自宅も大幅に値上がりしたそうだ。 

全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領の西大門区延喜洞(ソデムング・ヨニドン)にある自宅(419.5平方メートル)は、7.9%上昇の32億7600万ウォン(3億2760万円)にとなり、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の江南区論硯洞(カンナムグ・ノニョンドン)が所有する自宅(1299.1平方メートル)は、115億7000万ウォン(11億5700万円)で13.9%上昇。

瑞草区内谷洞(ソチョク・ネゴクトン)にある朴槿恵(パク・クネ)前大統領の自宅(570.6平方メートル)は、15億8700万ウォン(約1億5870万円)で8.4%上昇した。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集