『チャングム』『オクニョ』を生んだ“韓国時代劇の巨匠”が明かす、韓国ドラマの今

このエントリーをはてなブックマークに追加

一見すると、どこにでもいそうな初老の老人と思うかもしれない。

だが、韓国では誰もがその名と顔を知っている。日本でも次のドラマのタイトルを聞けば、ピンと来る人が多いのではないだろうか。

『宮廷女官チャングムの誓い』『イ・サン』『トンイ』『馬医』。いずれもNHK総合テレビやNHK BSプレミアで放映された韓国時代劇だ。

今年4月までNHKで放映され、最近までテレビ東京系「韓流プレミア」で放映されていた『オクニョ 運命の女(ひと)』を手掛けたのもこの人物だ。

“韓国時代劇の巨匠”。韓国でも日本でもそう呼ばれている。その人物、イ・ビョンフン監督はこれまで数多くの韓国時代劇を手掛けてきたヒットメーカーだ。

「そもそも韓国人は大のドラマ好き」

そのイ・ビョンフン監督が12月9日にソウル東大門(トンデムン)デザインプラザで開催された「FNSプリビュー2019」のグローバル韓流フォーラムのステージに立った。

1944年生なので今年で75歳となったが、エネルギッシュで元気ハツラツだ。

イ・ビョンフン監督

『オクニョ』が韓国で放映されたのは2016年4月30日から2016年11月6日で、今から3年前になるが、主人公オクニョを演じた女優チン・ヨセンら出演者たちとは、今も連絡を取り合うという。

【関連】韓国時代劇『オクニョ』のその後。あの女優や俳優はどうしている?

日本では時代劇ドラマ『不滅の恋人』がNHK総合テレビで放映中のチン・セヨンだが、韓国では12月から新たな時代劇『揀択(カンテク):女たちの戦い』に主演中。イ・ビョンフン監督はそれも視聴しているそうだが、そもそも韓国人は大のドラマ好きだという。

「韓国でテレビ放送が始まったのは1956年5月。スタジオも2つしかなかったのに、6月にはドラマ制作が始まっています。1981年にはカラー放送も始まり、90年代になるとKBS(2局)、MBC、SBSの地上波4局体制が出来上がり、4局合計で1週間に60ほどのドラマが作られるようなった。

最近は地上波4局に加え、JTBC、チャンネルA、TV朝鮮、毎日放送といった総合編成局4局やOCN、tvNといったケーブルチャンネルもドラマを制作し放映します。これほどまでドラマが作られている国は地球上には、他にないかもしれません」

直近5年間のヒット作とその特徴

そう語りながらイ・ビョュンフン監督が紹介してくれたのは、直近5年間で大ヒットした代表的な韓国ドラマとその平均視聴率だ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集