女優チン・セヨン、“時代劇クイーン”の実力見せるか。新時代劇『揀択』ビジュアル解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加

女優チン・セヨンが、韓国TV朝鮮の特別企画ドラマ『揀択(カンテク):女たちの戦い』(原題)で情報を売る特別な商店の店主カン・ウンボに扮する。

12月14日から放送開始される本作は、正統王朝のイ氏でない者に唯一許された朝鮮最高の地位、王妃を目指す女性たちの競争を描く宮中サバイバルロマンスだ。

同局のヒットドラマ『大君~愛を描く』を演出したキム・ジョンミン監督と、主演チン・セヨンが再びタッグを組むことで話題を集めている。

『オクニョ』でヒロイン演じたチン・セヨン、主演ドラマの新ビジュアル公開! 

チン・セヨンが務めるのは、双子の姉を殺害した犯人を探すために“揀択”に参加する大胆なヒロイン、カン・ウンボ。

9歳の時に両親を亡くし巫女に育てられ、おかげで大胆な処世術と度胸を身につけて情報の取引を行う商店の店主になったキャラクターで、姉の悲惨な死を知ってからは、真実を求めて王妃を選ぶ場に挑戦する大胆な歩みを見せる。

先日、カン・ウンボに扮したチン・セヨンのスチール写真が初めて公開された。

ベールで顔が半分以上隠されたにもかかわらず、目つきだけでも決断力の強いカン・ウンボのオーラが感じられる。

“時代劇クイーン”と呼ばれるほど時代劇との相性抜群のチン・セヨンが、今回どんな物語を繰り広げるか、期待が集まる。

チン・セヨンは「寒さを忘れるほど、情熱を爆発させようという覚悟で撮影に臨んでいる。『大君』の時にお世話になったキム・ジョンミン監督と再びお会いしたので、あの時よりももっと良いエネルギーを作り出せる予感がする。撮影が本当に楽しい。オンエアをぜひ楽しみにしていただきたい」と、意気込んだ。

(写真=TV朝鮮)

番組の制作陣も「チン・セヨンは劇中だけでなく、撮影現場でも雰囲気を明るくリードする力のある俳優だ。特別なキャラクターを格好良く完璧に演じて活躍する予定だので、期待してほしい」と伝えた。

チン・セヨンが主演を務める『揀択(カンテク):女たちの戦い』は、韓国TV朝鮮にて12月14日よる10時50分から放送スタート。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事