アンジェリーナ・ジョリーの突然訪問に韓国騒然。ソウルで過ごした“特別な3日間”

2018年11月06日 話題 #写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月2日、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが、ソウル・三清洞(サムチョンドン)にある飲食店を訪れた姿が目撃され、韓国で話題となった。

それだけでなく、11月3日にはソウル新村(シンチョン)にある延世(ヨンセ)大学や韓国料理店にも足を運んでいる。ネット民の間では「なぜ彼女がそこに?」という言葉がでるほど、従来のハリウッドスターの訪韓とは違った物静かで気さくな姿だった。

アンジェリーナ・ジョリーは今回、息子のマドックス、パックスとともに2泊3日の日程で韓国を訪れた。

米『ハリウッド・リポーター』など現地メディアは「マドックスは普段から韓国文化とK-POPに関心が高く、進学の準備でアンジェリーナ・ジョリーが韓国の大学を訪れた」と報じている。

(写真提供=UNHCR韓国代表部)

大学訪問だけでなく、彼女は自身の本分も果たした。

国連難民高等弁務官事務所(以下、UNHCR)特使でもある彼女は11月3日、同じくUNHCR親善大使を務める俳優チョン・ウソンや、パク・サンギ法務部長官らとイエメン難民などについて意見を交わしたのである。

普段から難民保護に対する見解を明らかにしているチョン・ウソンについて、彼女は「仲間として誇らしく、感謝している」とし、「アメリカを含め、全世界で外国人に対する差別、嫌悪、国粋主義が蔓延している。きちんとした情報を伝えてくれる人々の役割が継続的に重要になってくる」と語った。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事