集団強姦容疑が浮上した“超有名K-POPアイドルの実兄”、誰よりも重い処罰が求刑されたのはなぜ?

2019年11月14日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

集団強姦容疑を受けている“人気ガールズグループメンバーの実兄”クォン氏が、懲役10年を求刑された。

FTISLANDの元メンバーには懲役5年…集団強姦容疑の芸能人ら、重刑求めらっる

歌手チョン・ジュニョンと元FTISLANDチェ・ジョンフンが同じ容疑でそれぞれ7年、5年の懲役を求刑されたが、クォン氏に容疑者の中でもっとも重い刑が求刑されたのは、なぜなのだろうか。

去る11月13日、検察はソウル中央地裁掲示合意29部(カン・ソンス部長判事)の審理で開かれた結審公判では、チョン・ジュニョン、チェ・ジョンフン、クォン氏に重刑が求刑された。彼らは去る2016年1月に江原道洪川(ホンチョン)、同年3月に大邱(テグ)で女性たちに集団性的暴行を加えたとして、拘束起訴されていた。

検察は彼らに対して性暴力治療プログラムの履修と身の上情報の告知、児童青少年関連機関や障害福祉施設に対する10年間の再就職制限の言い渡しを要請した。検察側は、「チョン氏らの罪状や、被害者と合意に至らなかった券を考慮して求刑した」と説明している。

クォン氏は、2015年に韓国のテレビ番組『君の声が見える』(Mnet)に出演して有名ガールズグループのメンバーの実兄であることを明かしたことがある。

一連の事件で疑惑が浮上した際は「私は性接待や記事の内容について何も知らない。身元を明かしたうえで正々堂々と話せ」と不快な心境を吐露していたが、実際には懲役10年を求刑され、世間の目はさらに冷ややかになった。

懲役10年を求刑された背景は明かされていないが、世間では「2016年に麻薬投薬の疑いで懲役1年・執行猶予2年を宣告されたことが加重処罰の対象となっているのではないか」という憶測が囁かれている。

裁判部は来る11月29日に判決公判を開く予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事