俳優イ・ミンホ、パク・ソジュン、ヒョンビンら「Kakao M」有償増資に参加へ

2019年09月30日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社カカオの系列社である総合コンテンツ制作会社「kakao M」(カカオエム)が9月30日、「運営資金調達のため688億ウォン規模の第三者割当有償増資を決定した」と発表した。

これによって56万871株の新株が発行される予定。新株の発行価額は、1個あたり12万2695ウォンだ。

kakao Mによると、有償増資にはkakaoM傘下にある子会社の役員や所属アーティスト、パートナー社など2企業・機関と17人の個人が参加したという。

若手俳優チョン・ヘイン、高級住宅地にあるマンションを44億ウォンで購入

最も多い27万5347株の割り当てを受けるのは農協だ。

そして映画監督のユン・ジョンビンが6万5202株、スタイリストのハン・ヘヨンが4万751株、俳優ヒョンビンが2万4451株、イ・ミンホが1万6301株、パク・ソジュンが1万2225株の割り当てを受ける。

ヒョンビン

ヒョンビンの場合、最近所属事務所VASTエンターテインメントの持分100%がkakao Mに買収された。

イ・ミンホの所属事務所MYMエンターテインメントもkakaoMと戦略的な協力を議論しているため、イ・ミンホとMYMエンターテインメントの投資社である有限会社ジーエムグループが今回の有償増資に参加した。ただし、kakao Mは「買収ではない」と強調している。

イ・ミンホ

他にも、Monsta Xのキヒョン(7906株)、歌手K.Will(7335株)、俳優イ・ヒョヌ(2445株)、Apinkのソン・ナウン(1630株)、歌手ソユ(815株)、女優キム・ソヒョン(815株)などが有償増資に参加する。

kakao Mは「フラットフォームを行き来する多様な良質のコンテンツ制作を通じて、構成員たちにより多くの成長機会を提供することで、全般的な韓国文化産業の競争力強化に貢献することが目標」と、有償増資の理由を説明。

また「先に言及したスターたちの他にも、kakao Mの事業ビジョンと企業価値を認めた投資ファンドも約339億ウォン規模で参加した」と強調した。

 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集