『トッケビ』では結ばれなかったが… 若手俳優チョン・ヘインとキム・ゴウン、新作映画で“恋人役”【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国で公開予定の映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』のメディア試写会が、8月20日に行われた。

人気ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』(tvN)のヒロインを演じたキム・ゴウンと、『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』(JTBC)、『ある春の夜に』(MBC)などに主演した若手俳優チョン・ヘインが共演する同作は、韓国にとって“激動”の時代だった1994~2005年を舞台にした青春ラブストーリー。

ラジオで流れた歌のように偶然に出会った2人が、長い時間の中で向き合うことを繰り返しながらお互いの周波数を合わせてゆく物語になっている。

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』ではキム・ゴウンの初恋の先輩としてちらっと登場していたチョン・ヘイン。

キム・ゴウンとの2度目の共演に対し、「初めて年下の女優と(恋人役として)共演した。幸せだった」と笑ってみせた。

また、「本読みの段階でぼんやりしていたものが、撮影に入ると(キム・ゴウンと)目を合わせるだけで通じ合うという、エネルギーを感じた。楽しく撮影に臨んだ」と語り、映画に対する期待感を高めた。

注目の俳優チョン・ヘイン、主演映画で“激動の時代”を生き抜く青年を熱演

キム・ゴウンも「『トッケビ』で片思いだった先輩と(今回の映画で)愛し合えただけで嬉しい」と、感想を述べた。

 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事