東京ドームが待ちきれない!少女時代ら豪華アーティスト大集結の「SMTOWN LIVE」韓国公演レポ

このエントリーをはてなブックマークに追加

約3万人の動員を記録した「SMTOWN LIVE 2022」が成功裏に幕を閉じた。

【写真】aespa“日本人メンバー”ジゼルのすっぴん

8月20日、韓国の水原(スウォン)ワールドカップ競技場で「SMTOWN LIVE 2022 : SMCU EXPRESS @HUMAN CITY_SUWON」が開催された。同ライブはグローバルプラットフォームBeyond LIVEで同時生中継され、約4時間の間、計43曲の豊富なセットリストが披露された。

今回の「SMTOWN LIVE」では、カンタ、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、テヨン、ヒョヨン、SHINeeキー、ミンホ、EXOスホ、シウミン、チェン、D.O.、カイ、Red Velvet、NCT、NCT 127、NCT DREAM、WayV、aespa、GOT the beat、Raiden、GINJO、IMLAYなどのSMエンターテインメント(以下、SMエンタ)所属アーティストが集結。

5年ぶりに韓国で開催された対面コンサートであるだけに、会場に詰め掛けた約3万人の観客はペンライトを振ってアーティストとともに熱唱するなど、爆発的な反応を見せた。

豪華アーティストが一堂に集結

この日の公演では、デビュー15周年を記念して5年ぶりに“完全体”でカムバックした少女時代が、新曲『FOREVER 1』のステージはもちろん、ヒット曲『PARTY』のステージも披露し、会場の熱気を盛り上げた。また、『FOREVER 1』のステージ中に涙を見せたヒョヨンは「とても楽しくて涙が出る。とても幸せな夜だ」と伝え、ファンの感動を誘った。

さらには、来る8月30日に2ndフルアルバムでカムバックするSHINeeキーのタイトル曲『Gasoline』のステージと、来る9月7日に17年ぶりとなるフルアルバムをリリースするカンタのタイトル曲『Eyes On You』のステージが初披露された。また、9月末に初のソロアルバムリリースを予告したEXOのシウミンも、収録曲『Serenity』のステージを披露し、新アルバムへの期待感を増幅させた。

(写真=SMエンターテインメント)左上段から少女時代、SUPER JUNIOR、東方神起、Red Velvet、NCT 127、NCT、NCT DREAM、NCT U、WayV、NCTソンチャン、ショウタロウ&SMルーキーズ、aespa、GOT the beat

これにとどまらず、“レジェンド”BoAとNCTのテンによる『Only One』、NCTのソンチャンとショウタロウがSMルーキーズのウンソク、スンハン、ショウヘイと合同で披露した『Outro: Dream Routine』、史上最大級のメンバーで話題を集めたプロジェクトユニットGOT the beatの『Step Back』、SMラップユニット(NCTテヨン、ジェノ、ヘンドリー、ヤンヤン、aespaジゼル)の『ZOO』、RaidenがNCTシャオジュン、ソンチャンと披露した『Golden』のステージなど、「SMTOWN LIVE」でしか見られないスペシャルステージが続いた。

ほかにも、久しぶりに披露された東方神起のエナジェティックなステージ、SUPER JUNIORのヒット曲メドレー、Red Velvetの多彩なソロ&グループのステージ、SHINeeキー、ミンホ、EXOスホ、シウミン、D.O.、チェン、カイの感覚的なステージ、NCTの独歩的な音楽とダンス、aespaの強烈なパフォーマンスなど、圧巻のラインナップが休む暇もなく次々と登場し、観客を魅了させた。

(写真=SMエンターテインメント)左上段からカンタ、BoA、SHINeeキー、ミンホ、EXO・D.O.、スホ、シウミン、チェン、カイ​​​​​

BoAはステージを終えた後、「韓国で対面でこんなにも多くのファンの方々とお会いする機会がなかったが、多くの方々が客席を埋め尽くしてくださって、SMTOWNの音楽を愛してくださったことに感謝しているし、私自身もたくさんのパワーを得た。素晴らしい歌を聴いて多くの気運を得てくれたらと思う」とし、5年ぶりに韓国国内でオフライン開催された「SMTOWN LIVE」への率直な感想を伝え注目を集めた。

公演のフィナーレはいつものように『光』で彩られ、原曲歌手のカンタをはじめとするSM所属アーティストが皆ステージに上がり、手を取り合って熱唱し、4時間にわたる公演の有終の美を飾った。

(写真=SMエンターテインメント)

この日は本公演に先立ち、実力派DJたちによるダイナミックな構成のDJセクションが1時間30分披露された。DJ HYO(少女時代ヒョヨン)、Raiden、J.E.B、GINJO、IMLAYなどのDJが見せつけるクオリティの高いステージが、本公演を前にファンの好意的な反応を得た。

また、会場の外では入場前に観客が多彩な楽しみを体験できる「Play Zone」も準備された。大型フォトゾーンやアーティストフォトテンプレートといった思い出を残せるフォトブース、SMTOWNのARアプリを活用して自分と似合うアーティストをマッチングできるスロットマシンなど、多様なイベントが繰り広げられ、どのブースも長蛇の列が並ぶなど高い関心を得た。

それだけでなく、SMエンタ今回の公演を皮切りに、デジタルパスポート兼メンバーシップサービスの「MUSIC NATION SMTOWN META-PASSPORT」を正式ローンチした。同サービスを通じて現実世界とデジタル世界を連結することで、すべての情報を透明に記録し、今後SMエンタの各種オン・オフライン公演観覧時にデジタルスタンプを獲得し、アーティストファンクラブ加入時にACEファンクラブ情報が連動して、ビザとともに提供されることができる。

なお、SMエンタが追求する公演コンテンツの集大成である「SMTOWN LIVE 2022 : SMCU EXPRESS」は、「SMCU EXPRESSに乗って世界主要都市を巡回する」というコンセプトであり、今月27~29日には日本の東京ドームで公演を開催する。

【写真】aespaカリナ、“全身ヒョウ柄”で魅せた圧巻スタイル

【写真】少女時代テヨンがタトゥーチラ見せ

【写真】Red Velvetジョイ、美背中“あらわ”な黒ワンピ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集