『赤い袖先』イ・ジュノ、8月に東京でファンコン開催決定!約4年ぶりに同じ会場でファンと再会

このエントリーをはてなブックマークに追加

2PMのメンバーで俳優のイ・ジュノが8月、ソウルと東京でコンサート「Before Midnight」を開催し、夏の夜を美しく彩る。

【写真】「お疲れ気味?」多忙なジュノの“オフ姿”に心配の声

JYPエンターテインメントは6月30日、公式SNSに「イ・ジュノ2022 FAN-CON『Before Midnight』」開催のニュースを知らせるロゴポスターを公開した。

ポスターによると、イ・ジュノは8月12日から14日までの3日間、ソウルオリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場でファンと会う。最終日の14日にはBeyond LIVE通じてオンライン有料生中継も行われる。続けて8月20・21日には、東京の日本武道館で日本のファンとロマンチックな思い出を作る予定だ。

(画像=JYPエンターテインメント)

2018年12月、日本で開かれた単独コンサート「JUNHO(From 2PM)Last Concert『JUNHO THE BEST』」以降、約3年8カ月ぶりに再び日本武道館を訪れ、日本ファンと待望の再会を果たすと期待されている。

イ・ジュノは2013年から2018年まで、毎年夏には日本でソロアルバムをリリースし、単独ツアーを開催するなど活発な活動を展開してきた。

今回のポスターは、熱い夏の夜の感性的な雰囲気を醸し出し、ファンをときめかせた。ファンコンはファンミーティングとコンサートを合わせたもので、イ・ジュノは格別なファンへの愛と多芸多才な魅力を盛り込んだ今回のファンコンを通じて、国内外のファンとコミュケーションを取り、ファンにまた一歩近づく予定だ。前売りチケットに関する詳細は今後、イ・ジュノの公式SNSで確認できる。

(写真=JYPエンターテインメント)

2021年、時代劇『袖先赤いクットン』(原題)で熱演を繰り広げたイ・ジュノは、第58回百想芸術大賞でテレビ部門の男性最優秀演技賞とTikTok人気賞の二冠王に輝いた。

一方、イ・ジュノは次回作として『キング・ザ・ランド』(仮題)への出演が決定していて、ファン待望のラブコメ俳優として活躍する予定だ。

◇ジュノ プロフィール

1990年1月25日生まれ。2008年にK-POPグループ2PMのメンバーとしてデビュー。2016年から俳優業に進出し、ドラマ『記憶~愛する人へ~』をはじめ『キム課長とソ理事~Bravo! Your life~』『自白』(原題)などに出演し、2020年7月には映画『色男ホ・セク』でスクリーンデビューを果たした。ドラマ復帰作となった2021年の『袖先赤いクットン』で朝鮮王朝の王を熱演し、「2021 MBC演技大賞」でミニシリーズ部門男子最優秀演技賞とベストカップル賞の2冠に輝いた。

【画像】イ・ジュノ、ビハインド映像に言及「僕はただ漫画を破る男…」

【写真】「僕と飲む?」2PMジュノ、“大人の色気”

【写真】「これ現実?」ジュノが“黒の貴公子”に

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集