イ・ビョンホンら豪華出演陣、BTS・JIMINのOSTで話題の『私たちのブルース』脚本家の意図は?

2022年04月07日 テレビ #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixでも配信される新しい韓国ドラマ『私たちのブルース』の脚本家ノ・ヒギョンが、「人生のなかにはいろいろな人々がいるのに、ドラマは男女2人の話ばかりでうんざりしていた」と話した。

【写真】イ・ビョンホン夫婦のアツアツ“キスショット”

4月7日、韓国tvNの新ドラマ『私たちのブルース』の制作発表会がオンラインで行われた。

この日の制作発表会には、脚本を務めたノ・ヒギョン、演出を引き受けたキム・ギュテ監督、そして俳優イ・ビョンホン、シン・ミナ、オム・ジョンファ、イ・ジョンウン、チャ・スンウォン、ハン・ジミン、キム・ウビンが出席した。

『私たちのブルース』は、人生の終わりやピーク、人生の終わり、あるいはクライマックス、そしてスタートに立つすべての人々の甘くて苦い人生を応援するオムニバスドラマ形式のドラマだ。

前述したイ・ビョンホン、シン・ミナら俳優14人が出演する超豪華キャスティングで話題となり、BTS(防弾少年団)のJIMINがOSTを歌唱することが決定するなど、今シーズン最大の話題作として注目を集めている。

制作発表会でノ・ヒギョンは、オムニバスの物語を選んだ理由として「男女2人の主人公の物語にうんざりしていた。私たちの人生のなかにはいろいろな人がいるのに、ドラマでは2人だけを追いかけていくので不便だった」と話した。

(画像=tvN)脚本家ノ・ヒギョン

また、劇中の舞台として済州島を選んだことについても、「済州島は大家族など韓国の情緒が最も多く残っている場所だと考えた。韓国を表現するのに良いと思った」と答えた。

演出を務めたキム・ギュテ監督は、演出をしながら主眼点を置いた点について、「脚本家がくれた台本が、ドラマ的でありながらも映画的な妙な境界点にある特性を持っていた」とし、「華麗な映像美と、刺激よりは物語の人物の心に集中した。そばで見守るようにして、視聴者たちにゆっくりと強要せず、染み込むようにと集中した」と話した。

『私たちのブルース』は来る4月9日21時10分に韓国tvNで初放送される。Netflixでも同日、配信される予定だ。

【写真】イ・ビョンホン&イ・ミンジョン夫婦の“珍しすぎるツーショット”

『イ・サン』女優ハン・ジミン、“透け感ドレス”で美肌見せ「綺麗で神秘的」

女優シン・ミナが“前髪バッサリ”!新プロフ写真が「20代にしか見えない」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集