WINNERの季節が来た! “サマームード全開”のグラビアで見せた爽やかな魅力【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPボーイズグループWINNERが、“夏先取り”の魅力を発散した。

(関連記事:内部事情も赤裸々に? YGの次世代エースWINNERが語る“これまで”と“これから”【インタビュー】

WINNERは6月7日、韓国のスター・スタイル・マガジン『HIGH CUT』のグラビアを通じて爽やかなグラビアを公開した。

表紙には、4人のメンバーが直接スマートフォンで撮影した自撮り写真が採用された。画面いっぱいにカメラに詰め寄り茶目っ気たっぷりの表情を見せる姿は、見る者を笑顔にする。

メンバーそれぞれのカットでは、彼らの持つカリスマ性が存分に引き出されている。鮮やかな色彩のリラックスコーディネートを自分のものにして、“仮想のバカンス”というコンセプトを見事に表現した。

自由な動きでダイナミックなワンシーンを作り上げたイ・スンフン、ダンスBGMが聴こえてくるかのような佇まいのソン・ミノ、イエローのサングラスとボールで軽やかさを演出するキム・ジヌ、夕暮れの中でつかの間の休暇に浸るような雰囲気を醸し出したカン・スンユン。メンバーそれぞれが幻想的なオーラをまとい、自身の個性を引き立てている。

(写真提供=『HIGH CUT』)

最近、ミニアルバム『WE』で華麗なカムバック遂げたWINNERは、同誌のインタビューで率直な思いを語った。

リーダーのカン・スンユンは、アルバム制作時の葛藤について「すべてのアーティストは、新しいアルバムをリリースするたびに悩んでいる。既存のもので上手くいった要素をキープするのか、もしくは変化を与えて挑戦するのか。そういった分かれ道がある」と明かした。

実際にWINNERもその分岐点に立つアーティストであるが、今回のアルバムでは“維持”と“挑戦”、2つを同時に実現する努力をしたという。これまでの明るく清涼な雰囲気を維持しながらも歌詞で別れを表現し、グループのカラーを維持しつつ、“別れ”というテーマへの新たなアプローチを見出して新鮮さを引き出すことに成功した。

(写真提供=『HIGH CUT』)

長い空白期間があったことについて、イ・スンフンは当時を振り返りながらファンへの感謝をあらわにした。

「長い間待たせて久しぶりにカムバックしたにも関わらず、(ファンが)その場にいてくれたときが一番感動する。一方的に愛をあげたり貰ったりするよりは、僕たちはお互いに努力したいと思っている。空白期間にはできる限り最大限にコンテンツをたくさん作って努力する。ファンの皆さんも、そんな僕たちを支持して待っていてくれる」

(写真提供=『HIGH CUT』)

ソン・ミノは最近、ファンがMVに対してレビューを行う動画“MVリアクション”を観ているという。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事