『イカゲーム』俳優イ・ジョンジェ、主演男優賞にノミネートされたSGAで「本当に受賞したい賞」を明かす

2022年01月14日 話題 #Netflix #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixヒット作『イカゲーム』に主演した俳優イ・ジョンジェが1月13日、韓国JTBCの『ニュースルーム』に出演した。

【写真】BTS・Vとイ・ジョンジェの“豪華すぎるツーショット”に驚きの声

イ・ジョンジェはこの日、「全米映画俳優組合賞」(SAG)ドラマ部門の主演男優賞にノミネートされたことについて「ニュースでしか触れたことのない、とても嬉しくて意味深い。光栄だ」と語った。

また、「僕とチョン・ホヨン、アクションチーム、アンサンブル部門もノミネートされた。これはほぼ全ての俳優がノミネートされたものなので嬉しい」と喜びを表した。

どんな賞を受けたいかという質問には「当然、アンサンブル賞をいただきたい。アンサンブル賞はすなわち作品賞であり、監督賞でもあると思う。非常に意味のある賞なのでぜひ受賞したい」と述べている。

最近、『イカゲーム』のオ・ヨンスがゴールデングローブ賞の助演男優賞を受賞した話題になった。

イ・ジョンジェはオ・ヨンスについて「とても後輩想いで、暇あるごとに良い言葉もかけてくださる心地よい大先輩だ。『このシーンはどのように準備されたんだろう?』と思うほど、演技の深さと貫禄を現場ではっきり感じられた。僕も先生のように役者になりたいと願うだけだ。セリフと動作を几帳面に、落ち着いて準備されるのを見て、あやかりたいと思った」

「人生のカンブは誰か?」という質問には「僕の親友として知られるチョン・ウソンや監督の方々、制作者の皆さん、俳優たち全員がカンブだ」と答えた。

米『ニューヨーク・タイムズ』でテレビ部門の“新星”として挙げられたことについては、「僕が新星になったんだな、と思う(笑)。ある意味、世界からたくさんのチャンスを得られるかもという期待もある。新星として改めてスタートしてみようと思う」と笑った。

(画像=JTBC)

「これからどんな俳優になりたいか」と聞かれると、「大きな欲はなく、今のように一緒に作業する方々と頑張って、余裕を持って仕事がしたい。少し願いがあるとしたら、韓国のコンテンツがもっと広く知られ、世界の人々と良いコンテンツで疎通したい」と話した。

『イカゲーム』のシーズン2に関しては「ファン・ドンヒョク監督がシナリオを書いていらっしゃる。僕もすごく楽しみだ。ただ、早く作ることが重要ではなく、多くの方々が面白い続編を望んでいるので、ゆとりを持って頑張って書いてほしいと申し上げた」と期待感を示した。

【写真】イ・ジョンジェ、BLACKPINKジェニーとの“ツーショット”

【関連】2021年を彩った韓国の映画俳優は?

【写真】『イカゲーム』女優の痩せすぎた近況が話題

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集