『サイコだけど大丈夫』俳優キム・スヒョンの新作ドラマ『ある日』初本読みの様子【PHOTO】

2021年09月30日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優キム・スヒョン、チャ・スンウォンが共演する新ドラマ『ある日』(原題)の初本読みの様子が公開された。 

【関連】英ドラマの韓国リメイク版『ある日』が撮影に突入。11月放送へ

2008年にイギリスBBCで放送されたドラマ『クリミナル・ジャスティス』の韓国版リメイクとなる『ある日』は、女性の殺人事件をめぐる2人の男のエピソードを通じて、冤罪事件と刑事司法制度を描くドラマだ。アメリカとインドに続く世界で3番目のリメイク制作として、全8話を予定している。

初本読みには、イ・ミョンウ監督をはじめ、キム・スヒョン、チャ・スンウォン、キム・ソンギュ、イ・ソルらの主要キャストが集合。イ・ミョンウ監督の温かくて野心に満ちた挨拶を皮切りに、俳優たちの熱演が繰り広げられ、雰囲気を盛り上げた。

キム・スヒョンは劇中、平凡な大学生から突然殺人事件の容疑者になるキム・ヒョンス役を演じる。彼は“訳あり”な目つきと訴えかけるような声で、活字だけだったキム・ヒョンスの感情を生々しく伝え、現場を圧倒した。

久しぶりのドラマ出演となるチャ・スンウォンは、三流弁護士シン・ジュンハンの役作りのため、長髪に髭を伸ばした破格のイメージチェンジを果たした。本読みではシン・ジュンハンのキャラクターにどっぷり浸かった姿を見せながらリアルな演技を披露した。

(写真=Coupang Play、チョロッペム・メディア、THE STUDIO M)

『ある日』制作陣は「イ・ミョンウ監督を筆頭に、キム・スヒョン、チャ・スンウォン、キム・ソンギュら実力派俳優たちが強い意志を持って準備したドラマだ。犯罪ドラマの幅を広げるウェルメイドなドラマとして、特別なメッセージを届ける『ある日』に多くの関心と期待をお願いしたい」と伝えた。

(記事提供=OSEN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集