俳優キム・ガンウ&I.O.I出身キム・ソヘが出演!体験型のホラー映画『鬼門』とは

2021年07月19日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国映画『鬼門』(原題、シム・ドックン監督)は、1990年代に集団殺人事件が発生してから閉鎖されたクィサリ修練院に、巫女の血が流れる心霊研究所所長と好奇心旺盛な大学生たちが足を踏み入れたことで起る最強の恐怖を描いた作品だ。

【画像】『鬼門』がポスター公開、“全身”を恐怖に突き落とす

キム・ガンウ、キム・ソヘ、イ・ジョンヒョン、ホン・ジンギなどが出演し、シム・ドックン監督の商業映画デビュー作だ。

7月19日にオンラインで生中継された制作報告会でシム・ドックン監督は、「限られた空間の中で繰り広げられる恐怖に慣れているかもしれないが、そこからアレンジを加え、他のホラー映画とは差別点を与えるアイデンティティが浮き彫りになり、演出的に欲が出た」と明かした。

  (写真提供=CGV)キム・ガンウ

主演を務めるキム・ガンウは、『食客』『奸臣』など、様々なジャンルに挑戦してきた名優であり、体験型ホラー映画『鬼門』で新たな演技を披露する。

キム・ガンウは本作で初のホラー作品に挑戦。キム・ガンウが演じるドジンは、巫女の血を受け継ぎ、霊的能力を持つ心霊研究所の所長で、怪談が絶えない閉鎖されたクィサリ修練院に入って実体を暴く人物だ。

彼は、閉鎖された空間の中で取り返しのつかない恐怖と驚くべき真実に向き合うドジンのキャラクターを繊細ながらも強烈な演技で表現する。

制作発表会でキム・ガンウは「ホラー物はあまり好きではない。怖すぎてちゃんと見れない(笑)」と切り出しながら、「体験型ホラーにクラシックなホラーテイストが混じった感じを受けた。怖いがやる価値はあると思った」と出演のきっかけを明かした。

(写真提供=CGV)キム・ソヘ

ヒロイン役にキャスティングされたのは、グループI.O.I(アイオーアイ)でデビューしたキム・ソヘだ。

様々な作品を通じて女優としての可能性を立証している彼女は、『鬼門』で次世代ホラークイーンに挑戦状を突きつけた。キム・ソヘは「修練院に入る前と後のキャラクターの心理的な変化がダイナミックで、うまく表現してみたかった」と話した。主演でプレッシャーも大きかったというキム・ソヘは「実際は幽霊は怖いし、夜も一人で眠れない性格なので、相反する性格のキャラクターをどう演じるかについてかなり悩んだ」と打ち明けた。

シム監督は「キム・ソヘ本人の飾り気のない唐突さが見えたので、一緒に作業したかった。台本にぎっしり詰まった演技に関するメモを見ながら、キャスティングができて嬉しかった」とキャスティングに対する満足感を示した。

映画『鬼門』は8月中に韓国で公開される予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集