全世界2200万人が見た韓国ドラマ、Netflixがシーズン2制作を否定「何も決まっていない」

2021年07月11日 芸能 #韓流ドラマ #Netflix
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナルシリーズの『Sweet Home-俺と世界の絶望-』(以下、『Sweet Home』)にシーズン2制作説が流れたが、決まった事項は無いという。

【写真】次世代イケメン俳優ソン・ガン、“非現実的”な造形に驚き

Netflixは7月9日、「『Sweet Home』シーズン2の制作については何も決まっていない」と明らかにした。今回Netflixが公式に発表したのは、とあるメディアが『Sweet Home』がシーズン2を制作すると報道したことに起因する。

本作は、家族を亡くした引きこもりの高校生・ヒョンス(演者ソン・ガン)が、引越し先のアパートで経験する奇怪で衝撃的な物語を描くミステリ・スリラーだ。ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』『ミスター・サンシャイン』の繊細な演出で定評のあるイ・ウンボク監督がNetflixと手を組んだ超大型プロジェクト作品となっている。

またNetflixによると本作は、2020年12月18日の配信開始からわずか4週間で、全世界2200万人が視聴したという。

(画像=Netflix)『Sweet Home-俺と世界の絶望-』

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集