“ボーイズ版虹プロ”が熱い!『LOUD』でJ.Y.Park絶賛のステージが登場、予測不可能なシナジーに注目

2021年07月03日 テレビ #JYPエンタ
このエントリーをはてなブックマークに追加

NiziUで知られるJ.Y.Park(パク・ジニョン)と、『江南スタイル』で一世を風靡したPSY(サイ)が手を組んだ、韓国SBSのボーイズオーディション番組『LOUD』が話題だ。

6月5日から韓国で放送され、これまで日本人挑戦者のケイジュやコウキ、そしてチョン・ジュニョク、ナ・ユンソなど、ダンスの天才たちが注目を集めてきたが、7月3日の放送回では音楽の天才たちがパフォーマンスを披露する。

作詞・作曲はもちろん、映像撮影、演出、編集、ラップパフォーマンス、歌唱などすべてに長けたマルチプレイヤーで、J.Y.Parkから「あなたのような人を探すために、『LOUD』を作った」と絶賛された第1ラウンド“最高のスター”ダニエル・チェガルが、中学2年生の天才プロデューサー兼シンガーソングライター、ソン・シヒョンとチームを組んで作りあげた舞台を披露する。

(写真=SBS)

ソン・シヒョンも、第1ラウンドでピアノを用いた独特の自作曲で注目されただけに、2人の予測不可能な爆発的シナジーがどのように表現されるか注目だ。

J.Y.Parkは彼らの組み合わせを「ベートーベンとモーツァルトの出会い」と例えるほど期待感を示し、彼らと対決するチームもプロデューサーのPSYが「この曲を買いたい」と告白するほど優れた舞台を完成させたと伝えられ、対決結果に対する関心が高まっている。

【注目TWICEが本音をポロリ?性教育まで行うというJYPエンタの“徹底した教育”とは…】

対決が終了したあと、プロデューサーたちはアイドルオーディションでアマチュアたちが作り出した舞台だということが信じられないというほどレベルの高い舞台で、「このような舞台を観るために『LOUD』を始めたのかもしれない」と満足感を示した。

『LOUD』は韓国SBSで毎週土曜日20時55分に放送されており、日本では7月3日から「dTV」で独占配信される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集