“未婚の母”の道を選んだ韓国で人気の藤田小百合が息子の名前を公開!名づけの理由は?

2021年01月02日 話題 #日本出身芸能人
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国では“サユリ”の名で知られる藤田小百合が1月2日、自身のユーチューブチャンネル『さゆりTV』を更新。

【写真】“次世代セクシーアイドル”に“清純のアイコン”…韓国で活躍する日本芸能界の美女たち

「日本唯一の産後養生院で初歩ママになる」(原題)というタイトルの動画を投稿し、日本での産後養生の様子と両親へのインタビューを公開した。

藤田小百合の父は、娘が“未婚の母”となったことに「(最初は)困ったと思った。子どもが将来不安にならなければいいなと。だから、我々が支えなければいけないなと思った」と打ち明けた。

また、母も「困ったけどどうしようもない。父親を待っていたら年はどんどん取ってしまうから、もうこの際先に子どもを持って、父親を探しも良いと思った」と述べた。

(写真=『さゆりTV』)心境を語る藤田小百合の両親

「息子は私の全部なので…」

動画内では、藤田小百合が息子の名前を「全」とした理由も公開された。

藤田小百合は「漢字で“私の全部”という意味だが、自分にとって息子は私の全部なので、この名前を付けた」とし、「韓国の名前はまだ考えていない。発音しやすい良い名前があれば教えてほしい」と語った。

また、息子が何よりも品性の整った人になってほしいという願いも伝えた。

藤田小百合は「勉強はできなくても良い。自分も頭が良くなかったから」としつつ、「勉強ができたら良いが、卑怯でない人になることを願う。自分の過ちを認め、弱者に親切で礼儀ある息子になってほしい」と話した。

(写真=『さゆりTV』)名づけの理由を語る藤田小百合

未婚の母を選んだ藤田小百合

藤田小百合は昨年11月、日本で息子を出産した。彼女は精子の提供を受け、自発的に未婚の母となることを選んだという。

その理由について、ユーチューブチャンネルを通じて、妊娠が困難という話を聞き、また妊娠のために愛していない人と急に結婚することができないため、その決定を下したと明かした。

藤田小百合は、2007年の韓国KBS2『美女たちのおしゃべり』(原題)で顔を知らせ、MBC『さゆりの食い意地旅行』(原題)、MBC every1『素敵な旅!おいしい地図』(原題)シーズン2、On Style『ボディアクチュアリ』(原題)など、多数の番組に出演してきた。天然かつ毒舌キャラで愛されている。

藤田小百合

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集