『プデュ』投票操作が事実と判明…それでも「IZ*ONEは予定通り活動」とMnet

2020年11月19日 K-POP #IZ*ONE
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気オーディション番組『PRODUCE』シリーズの投票順位操作事件の波紋が続くなか、Mnet側がIZ*ONE(アイズワン)の活動について知らせた。

11月19日、Mnetは「IZ*ONEの今後の活動についてお知らせします。IZ*ONEは予定通り、12月7日にニューアルバムを発売し、12月6日に開かれる『2020 Mnetアジアンミュージックアワード(MAMA)」にも出演する予定です」と発表。

【関連】IZ*ONEの一員だったかも…『プデュ』の犠牲者が明らかに

続いて「今回のPRODUCE事態の責任は、全面的にMnetにあります。被害を受けた練習生たちに対して最後まで責任を取り、すでに活動をしながら各自の夢を育てているIZ*ONEも、ベストを尽くして全面的にサポートします」と伝えた。

また、「現在、IZ*ONEの共同マネジメントを担当しているOFF THE RECORD、SWINGエンターテインメントも、アーティストの成長のために最善を尽くして任務を果たします。いつもIZ*ONEを大切に思い、応援してくださるファンの皆さんに心から感謝しています。今回の事態によって被害を受けた練習生の方々と、彼らを応援してくださった視聴者の皆様にもう一度お詫び申し上げます」と付け加えた。

去る18日に行われた『PRODUCE』シリーズの制作スタッフの控訴審では、出演者のイ・カウン、ハン・チョウォンらが順位操作によってデビュー組から脱落した事実が明らかになり、再び波紋が広がっている。

(写真=OFF THE RECORD、SWINGエンターテインメント)IZ*ONE

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集