Netflix配信中!韓ドラ『青春の記録』第13話、最高視聴率9.0%で好調維持

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月19日に放送されたtvNドラマ『青春の記録』第13話の視聴率が、首都圏平均9.3%・最高10.6%、全国平均7.8%・最高9.0%(ニールセンコリア調べ)を記録し、地上波を含む全チャンネルで同時間帯1位になった。

【関連】Girl's Dayのヘリ、パク・ボゴムと「4年ぶりの再会」

tvNのターゲット層である20歳から49歳までの視聴率は首都圏平均4.5%、最高5.1%、全国平均3.8%、最高4.3%で全チャンネルで同時間帯1位をキープし、好調を続けた。

今回の放送では、若者たちの厳しい成長痛が描かれた。

忙しい日常の中、本音を交わす余裕もない主人公サ・ヘジュン(演者パク・ボゴム)とアン・ジョンハ(演者パク・ソダム)は、互いを理解しつつも寂しさを隠せない。2人の間には言葉にできない寂しさや申し訳なさが募り、亀裂が出来はじめた。それに加えて、チャーリー・チョン(演者イ・スンジュン)とのスキャンダルが再び浮上し、今後の展開に対する興味と緊張感を高めた。

『青春の記録』は、韓国tvNにて毎週月・火曜よる9時から放送。Netflixでも同時配信される。

(写真=tvN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集