『キム秘書』のパク・ソジュン、共演者との熱愛にも肯定的? 「あり得ない話ではない」【インタビュー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優パク・ソジュンがその名を知らせたラブコメドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』が、再び注目を集めている。

【写真】パク・ソジュンの「キスシーン」はメイキングまで胸キュン!

主演ドラマ『梨泰院クラス』がNetflixで配信されたことを皮切りに、日本でも多くのファンを抱えているパク・ソジュン。10月1日には同じく主演を務めた『キム秘書はいったい、なぜ?』の配信がスタートし、人気の勢いが留まることを知らない。

『キム秘書はいったい、なぜ?』は配信初日から大きな話題を集め、わずか3日で総合ランキング1位を記録。圧倒的な人気を再び感じさせた。

そもそも『キム秘書はいったい、なぜ?』は、韓国で「パク・ソジュンがラブコメドラマで新境地を見せた」とされたドラマだ。

パク・ソジュンが劇中で演じたイ・ヨンジュンは完璧主義者でナルシストな副会長なのだが、エリートの名に恥じない敏腕ぶりを発揮したかと思いきや、9年彼の傍で秘書を務めたキム・ミソ(演者パク・ミニョン)が「辞める」と言い出すと途端に動揺して“ポンコツ”な一面を見せる。その多彩な魅力は、視聴者の心を掴んで離さなかった。

一方で、イ・ヨンジュンというキャラクターはパク・ソジュンにとっても特別だったようだ。彼は、過去に本紙『スポーツソウル』とのインタビューでこう話している。

「事務所を通じて『キム秘書はいったい、なぜ?』を知って、原作が存在するということも興味深かった。今を逃したら、次はいつ、こんなとんでもないキャラクターを演じることができるだろうか。僕が第一人者になったらどうか。そう自分に投げかけてみて、原作の小説・漫画にはない僕だけのヨンジュンを誕生させたいと思った」

(写真提供=Awesome Ent)パク・ソジュン

そもそも、『キム秘書はいったい、なぜ?』は、小説やWEBマンガとしてすでに世に出ていた作品だった。パク・ソジュンは、原作とは異なる魅力を視聴者に届けるための研究を惜しまなかったという。

「原作の4分の1程度だけを見て演技した。WEBマンガでは絵を、小説では感情を参考にした。どちらもとても魅力的で、ヨンジュンというキャラクターに好感を持つようになった」と切り出したパク・ソジュンは、「どうせ現実に絵とまったく同じ人はいない。実写ドラマでは、登場人物たちの関係性を僕が上手に回せるのではないかと思った」と明かした。実写化に否定的な原作ファンの懸念を、実写ならではのリアリティで払拭しようとしたということだ。

「感情的な部分では、人間なら誰しも共感を覚える部分があると思った。そういった“共感”の瞬間を自分がうまく表現すれば、正当性や説得力が生まれるという自信があった。とはいえ、こんな自信も原作があってこそなのかもしれない」

実際に『キム秘書はいったい、なぜ?』を観ると、感情的な演技に尽きないパク・ソジュンのこだわりを実感する。

劇中で完璧なスーツ姿を披露したパク・ソジュンは、「身なりやヘアスタイルは原作の印象が強いので、そこは忠実にしようと思った」とし、「それでも、顔も同じにというわけにはいかないので、ヨンジュンと自分の間に接点を見出そうと努力した。衣装にはとてもこだわって、90%以上を1から製作した。それもすべてキャラクターのために必要だったと思っている」と語った。

新たな魅力を発信しようという意気込みの中にも、原作のイメージを壊さないための特別な配慮が感じられるだろう。

一方で、「6月を過ぎてから、この選択を後悔した(笑)。だけど、かえって鎧を着ている気持ちになれた。スリーピースのスーツ、Yシャツにはピン、という装いがヨンジュンのアイデンティティだと思っていたので、最後までやってやろうと思った」と、かっちりとした装いならではの悩みも吐露している。

「共演者との熱愛もあり得ない話ではない」

(写真提供=Awesome Ent)パク・ソジュン

2015年の『彼女はキレイだった』、2017年の『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』といったドラマで魅力的な演技を披露し、「ラブコメ職人」の名で知られたパク・ソジュン。それだけに、『キム秘書はいったい、なぜ?』に対する思いも特別だった。

「キャラクターに惹かれて出演を決めたこともそうだけど、このドラマがラブコメだという点も自分にとっては決め手だった。ラブコメというジャンルで、自分の魅力を最大限見せたいと思った。すべてのシーンでしっかりと演技して、一つも取りこぼすことがないようにしようと心がけた」

そんな情熱のおかげか、『キム秘書はいったい、なぜ?』が最終回を迎えると、パク・ソジュンとパク・ミニョンの間には熱愛説が絶えず浮上した。それほど、2人の空気感が本物の恋人同士のようだったということだ。

パク・ソジュンは、今後の熱愛や自身の私生活についても口を開いた。

「熱愛を公表すると、メリットよりもデメリットのほうが大きい。自分の私生活をすべてオープンにする必要もないし、自分一人の問題ではないから」

一方で、「これから共演する方が誰になっても、熱愛の可能性は広がると思う。熱愛の事実が正しければ、それは正しいと認める」と、潔い姿勢も見せた。

最近はパク・ボゴムの主演ドラマ『青春の記録』に特別出演して視聴者を沸かせたパク・ソジュン。現在は新作映画『ドリーム』を撮影中だというが、『キム秘書はいったい、なぜ?』とは一風異なる新たな魅力に期待したい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集