俳優ヒョンビンが新型コロナのなかヨルダンに向かう…映画『交渉』の撮影

2020年07月10日 映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優のヒョンビンとファン・ジョンミンが映画撮影のためにヨルダンに向かう。

【人気】ヒョンビン、「熱愛の軌跡」も男前だった!

7月10日、韓国映画界によると、イム・スンレ監督がメガホンをとる映画『交渉』(原題)の撮影チームは7月13日にチャーター便でヨルダンに向かう。現地で新型コロナと関連した隔離期間を守り、撮影に入るという。

すでに一部の制作スタッフはヨルダンに入っている。

ヒョンビンは現地に2~3カ月とどまるか

映画『交渉』は、中東で発生した韓国人拉致事件をテーマに、拉致された人を救う物語。『私たちの生涯最高の瞬間』『リトル・フォレスト春夏秋冬』などで知られるイム・スンレ監督と、ドラマ『愛の不時着』主演のヒョンビン、『ベテラン』『国際市場で逢いましょう』などで知られるファン・ジョンミンの共演で話題となった。

ヒョンビン

『交渉』の撮影は今年3月にヨルダンで行われる予定だったが、新型コロナの影響でヨルダン政府が韓国人の入国を禁止し、現地撮影が叶わなかった。そのため制作陣は韓国での撮影を始めると同時に、ヨルダン政府と論議し、7月から2~3カ月間の撮影許可を得たという。

ヒョンビンやファン・ジョンミンは2~3カ月間、現地にとどまって撮影すると思われる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集