アレンジ韓服に伝統音楽も。人気K-POPアイドルが世界に広める“韓国カルチャー”

2020年07月08日 K-POP #BLACKPINK #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国独自のカルチャーを楽曲に盛り込んだK-POPアイドルたちが、世界中で支持されている。

【画像】「今回のビジュアル神すぎ!」BLACKPINKに反響

6月にカムバックしたBLACKPINKはミュージックビデオの再生回数はもちろん、米ビルボードのシングルチャート「ホット100」チャート入るなど、さまざまな記録を生み出した。

BLACKPINK自体が1つのトレンドアイコンのように成長している中、ステージ衣装として彼女たちが着用する“アレンジ韓服”が話題を集めている。

特に、新曲『How You Like That』の初披露となった、アメリカNBCのトーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』でも韓国の伝統的な模様が入ったアレンジ韓服姿で登場し、世界中のファンから熱い視線が注がれた。

(写真=YGエンターテインメント)BLACKPINK

YGエンターテインメントによると、韓服をアレンジした今回の衣装は、メンバーたちのアイデアから誕生したという。

事務所の関係者は「韓国の伝統衣装をBLACKPINKのカラーで現代風にアレンジしてみたら面白そうだったので制作した。ヒップホップと韓服がマッチしたことが驚きだ。期待以上にキレイだったのでメンバー全員が満足していた」と伝えている。

BTSも過去に韓服着用

BTS(防弾少年団)のSUGAも韓国独特の雰囲気で世界から愛されている。

SUGAがAgust Dの名義で発表した楽曲『Daechwita』は、韓国伝統の軍隊音楽がサンプリングされ、トラップビート(Trap Beat)と韓国の伝統木管楽器であるテピョンソ、銅鑼が調和して独特な雰囲気を醸し出している。

この曲によって、SUGAは米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」とシングルチャート「ホット100」に同時チャートインする韓国のソロ歌手初の快挙を成し遂げた。

また、韓国の官邸と屋台を舞台にした同曲のミュージックビデオは再生回数が1億回を突破している。

(写真=Big Hitエンターテインメント)BTSのSUGA

さらに、BTSが2018年に発表した楽曲『IDOL』では、韓国の伝統音楽の掛け声である「チュイムセ」を合いの手に入れ、アレンジ韓服を着用して話題を集めた。

アイドルグループが韓服や伝統音楽など、韓国独自のコンテンツを借用するのは、K-POPの国際化とともにさまざまなシナジー効果を生み出している。

海外の音楽や文化を追いかけるより、オリエンタルな要素を持ち出すほうが、ユニークで魅力的に映る可能性も高い。

BTSやBLACKPINKのような世界で人気を博すK-POPアイドルの試みは、韓国文化やコンテンツが海外に紹介され、主流文化としての成長に一役買っている。このような試みは、今後も増える見込みだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集