女性を集団で性的暴行した韓国芸能人らに懲役刑が宣告されるも、一審より減刑

2020年05月12日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

集団で女性を性的暴行し、動画を撮影・流布した容疑を受けたチョン・ジュニョンに懲役5年が、チェ・ジョンフンに懲役2年6カ月が宣告された。

【関連】「女性と寝ることに狂った人間」…チョン・ジュニョンの“素顔”を共演者が暴露

5月12日午後、ソウル高裁・刑事12部(部長判事ユン・ジョング)の審理で、性暴行犯罪の処罰に関する特例法違反(特殊準強姦)などで起訴されたチョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンら5人の宣告期日が行われた。

先立って一審では、被害者との合意がなされていない点が考慮され、チョン・ジュニョンに懲役6年、チェ・ジョンフンに懲役5年の実刑が宣告された。

同時に2人には性暴力治療プログラム80時間の履修、児童青少年関連機関と障害者福祉施設の就業制限5年なども宣告された。

チョン・ジュニョンは一審の懲役6年から懲役5年に、チェ・ジョンフンは懲役5年から懲役2年6カ月に減刑となった。

チョン・ジュニョン(左)とチェ・ジョンフン

チョン・ジュニョンやチェ・ジョンフンをはじめとする5人は、去る2016年1月に江原道・洪川(ホンチョン)で、同年3月に大邱(テグ)で酒に酔った女性を集団性暴行した疑いを受けている。

また、その際に不法撮影した動画をチャットルームに流布した容疑もある。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集