紀平梨花に続く銀メダルに輝いた“キム・ヨナの後継者”、その練習姿を激写【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソウルで行われ、去る2月9日に幕を下ろしたフィギュアスケート四大陸選手権で、紀平梨花に続く銀メダルを獲得した15歳のユ・ヨン。

韓国勢が四大陸選手権でメダルを獲得したのは、2009年のキム・ヨナ以来、11年ぶりの快挙だった。

【写真】本当にキム・ヨナ!? “フィギュア女王”の色香漂う優雅な姿

ユ・ヨンはショートプログラムで73.55、フリーでISU公認の自己最高得点149.68を記録し、合計223.23を獲得した。

表彰セレモニーでは転倒するハプニングもあったユ・ヨンは、「韓国で開催された大会でメダルを獲得でき、胸がいっぱい。プレッシャーも大きかったが、これからもっと頑張りたい」と笑顔で話した。

2010年のバンクーバー五輪で金メダルを獲得したキム・ヨナに憧れ、フィギュア選手としての道に進んだユ・ヨンは、名実ともに“キム・ヨナの後継者”となった。

そんなユ・ヨンは2月12日、ソウルの泰陵(テルン)スケート場で練習を行った。その様子を写真で見てみよう。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事