大谷翔平と同僚になる?NYメディア、韓国リュのアナハイム行きを予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエージェント(FA)のリュ・ヒョンジンと関連して、ニューヨークのメディアがアナハイムのエンゼルス行きを提起した。

ニューヨークスポーツを主に扱『SNY』は11月29日(日本時間)、リュ・ヒョンジンをFA大物選手11人のうち8位として取り上げ、「夏場の不振がなかったら、ジェイコブ・ディグロムを抜きナショナルリーグのサイ・ヤング賞を受賞していただろう。エイゼルスがゲリット・コール、スティーブン・ストラスバーグと契約しなければ、ナ・リーグ防御率1位(2.32)を記録したリュ・ヒョンジンに接近するはず」と展望した。

【関連】大谷翔平の投球練習報道に韓国メディアも注目「センセーション巻き起こした“二刀流”再び」

また、「3年5700万ドル(62億円)水準の契約を結ぶと思われる」と付け加えた。

リュ・ヒョンジン

『SNY』はコールをFA大物1位に取り上げ、ヤンキースと8年2億9000万ドルの大型契約を結ぶと占った。また、ストラスバーグは6年1億8500万ドルでワシントン残留すると予想した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集