“韓国のメッシ”はシント=トロイデンで未だ出場ゼロ…チームも2連敗と苦戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

“韓国のメッシ”ことイ・スンウ(21・シント=トロイデン)に苦難が訪れている。

【関連】イ・スンウだけじゃない…今季危機を迎えている“韓国の欧州組”

シント=トロイデンは11月25日、ベルギー・リーグ第16節で日本人MF森岡亮太が所属するシャルルロワをホームに迎え、1-3で敗れた。

チームは前節のサークル・ブルッヘ戦も1-2で落とし、2連敗で勝ち点18(5勝3分7敗)の11位(16チーム中)に沈んでいる。

この試合、シント=トロイデンでは日本人選手2人(シュミット・ダニエル、伊藤達哉)が出場した一方、未だリーグ戦出場ゼロのイ・スンウは今回もピッチに姿を現さなかった。

チームを率いるマーク・ブレイス監督は、試合を控えた記者会見で「イ・スンウを起用する」と明かしていた。だが、ふたを開けてみるとメンバー表にイ・スンウの名前はなかった。

今年8月の加入以降、イ・スンウは未だデビューを果たしておらず、ベンチを温め続けいている。それどころか、すでにさまざまな推測も出てきてしまっている状況だ。

イ・スンウのデビュー戦はまたも次の機会に持ち越された。“韓国のメッシ”と期待された逸材が新天地デビューを飾るのは、一体いつになるのだろうか。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集