プレミア12決勝戦で日本に敗れた韓国主将「情けない兄たちで後輩に申し訳ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

野球韓国代表の主将キム・ヒョンスが準優勝の物足りなさと、後輩選手たちへの申し訳ない気持ちを伝えた。

韓国代表は10月17日、東京ドームで行われたプレミア12決勝戦で日本と対戦し、3-5で敗れて大会連覇に挫折した。

【写真】プレミア12日韓戦に美少女チアドルも来日!

この日、レフト5番で出場したキム・ヒョンスは、ホームランを含むマルチヒットの活躍を見せたが、チームの敗北を見守るしかなかった。

試合後に会ったキム・ヒョンスは、「決勝戦で日本に負けて非常に残念だ。次は誰が代表チームに来るかわからないが、オリンピックで良い姿を見せられるように努力しなければならないようだ」と感想を明かした。

世代交代が行われた今回の韓国代表には、若い選手たちが投打で印象深い活躍を広げた。

キム・ヒョンスは「イ・ジョンフやカン・ベクホなど、若い選手たちが今大会で良い姿を見せた。しかし代表チームで情けない兄たちとともにし、残念な結果に終わった。若い選手たちは、十分に自分の役割を果たした。とても申し訳なく、ありがとうと伝えたい」と話した。

キム・ヒョンス

先輩を支えてくれた後輩たちに、真心を込めた感謝と申し訳ない気持ちを伝えた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事