韓国系の美女ゴルファーのアリソン・リー、大型新人からスーパーモデルへ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィールドのスーパールーキーがいつのまにか“フィールドのスーパーモデル”に変身していた。

10月22日、釜山(プサン)で行われているアメリカ女子プロゴルフ(LPGA)ツアーBMWレディースチャンピオンシップ(賞金総額200万ドル)第2ラウンドで、アリソン・リーが際立った存在感を放っていた。

前日行われた第1ラウンドで合計4アンダー・9位タイになったアリソン・リーは第2ラウンドでも試合に集中。身長175センチの華やかな容姿とカリスマ性は、選手ではなくスーパーモデルかと見間違えてしまうほどだった。

【写真】「実はあの美人プロもそうだった!!」世界で活躍する韓国系の女子ゴルファーたち

アリソン・リーは1995年、アメリカのカリフォルニアで生まれた。彼女はアイルランド人の祖父と韓国人の祖母の間に生まれた父親(イ・ソンイル)と母親(キム・ソンシン)の間で生まれた。

アリソン・リー

6歳の時からゴルフを始めたというアリソン・リーは、2013年と2014年の間に14週間アマチュア世界ランキング1位になり、次世代のゴルフスターとして注目を集めた。

2015年にはLPGAツアーQスクールを、イ・ミンジ(オーストラリア)と共にトップで通過し、スポットライトを集めた。

デビュー当時、アメリカの多くのメディアが「ミシェル・ウィーとレクシー・トンプソンに匹敵するスター性を備えている」と報道。その商品性ほれ込んだ大手マネジメント会社IMGとも契約を結んだ。

アリソン・リーは2010年と2012年、アメリカ代表としてジュニアライダーカップに出場し、2度ともチームを優勝に導いた。

2015年にも、ソルハイムカップと名前を変えた同大会に出場し、アメリカを代表する選手として脚光を浴びた。

ただ、華やかだったアマチュア時代とは異なり、プロではまだこれといった結果を出せずにいる。今年ヨーロッパで開かれたAramcoTeamSeriesで一度優勝したのがすべてだ。 

アリソン・リー

両親の故郷である韓国を訪れ、素晴らしいプレーとともに華やかな魅力をファンにプレゼントしているアリソン・リー。遅ればせながら本格的に始動したと言えるかもしれない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集