「2021年のMLB球宴は“オオタニ・ショー”だ!」大谷翔平の“二刀流選出”に韓国メディア注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(26)が、米メジャーリーグのオールスターゲームで史上初めて“二刀流”選出された。

【関連】大谷翔平が韓国で“マンチンナム”と呼ばれるワケ

ファン投票の結果、アメリカン・リーグの指名打者部門1位で出場資格を得ている大谷は、選手間投票で決める先発投手部門で5番目の121票を獲得した。

エンゼルスのジョー・マドン監督は大谷がファン投票で指名打者に選ばれた当時、投手としてもオールスターゲームに出場することを望んでいた。

今年のオールスターゲームは“オオタニ・ショー”になる可能性が高い。大谷はオールスターゲーム前日のホームランダービーにも出場を予定している。

マドン監督も「ホームランダービーに出場する大谷は、オールスターゲームに投手としても打者としても出場する。このようなことは今後起こり得ないし、たった一度起きることだ。野球ファンではない人も関心を持つしかない」と、“オオタニ・ショー”を予告した。

(写真提供=AP/アフロ)大谷翔平

大谷は7月5日現在、打者では打率0.278の31本塁打、67打点を記録しており、投手では3勝1敗の防御率3.60で、60イニングを投げて83奪三振としている。

なお、大谷以外の日本勢ではダルビッシュ有(34、サンディエゴ・パドレス)と菊池雄星(30、シアトル・マリナーズ)が選出。

一方、リュ・ヒョンジン(34、トロント・ブルージェイズ)やキム・グァンヒョン(32、セントルイス・カージナルス)、チェ・ジマン(30、タンパベイ・レイズ)ら韓国勢からは1人もオールスターゲームに選ばれなかった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集