韓国女子ツアー今季5勝の22歳が上昇中!世界ランキングで国内勢トップの19位にランクアップ

2021年06月22日 ゴルフ #韓国女子ツアー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021シーズンの韓国女子ツアーですでに5勝を挙げているパク・ミンジ(22)が、世界ランキングでまたもランクアップした。

【関連】パク・ミンジ、“新女王”誕生感じさせる5勝目

6月21日(日本時間)に発表された女子ゴルフ世界ランキングで、パク・ミンジは前週22位から3ランクアップの19位に浮上した。

パク・インビは6月17日から20日まで行われた韓国女子ツアーのメジャー大会「DBグループ・第35回韓国女子オープン」で優勝し、今シーズン5勝目をマークした。

今年初めには41位だった世界ランキングも、今では20位以内に突入した。パク・ミンジは同20位のジャン・ハナ(29)を抜き、韓国女子ツアーの選手で最高位に立った。

(写真提供=KLPGA)パク・ミンジ

申ジエもランクアップに成功

韓国勢はコ・ジンヨン(25)が1位、パク・インビ(32)が2位を維持した一方、キム・セヨン(28)が前週3位から4位に順位を下げた。その代わり、直近の「マイヤーLPGAクラシック」で優勝したネリー・コルダ(22、アメリカ)が前週4位から3位に上がった。

TOP10にはコ・ジンヨン、パク・インビ、キム・セヨンのほか、キム・ヒョージュ(25)が8位に入った。

ほかでは、ユ・ソヨン(30)が16位、イ・ジョンウン6(25)が23位、ユ・ヘラン(20)が28位、パク・ソンヒョン(27)が32位、イ・ミリム(30)が35位、キム・アリム(25)が36位、チェ・ヘジン(21)が38位、ホ・ミジョン(31)が39位にランクイン。

日本女子ツアーの「ニチレイレディス」で優勝した申ジエ(33)は、前週46位から40位に順位を上げた。

一方、日本勢の最高位は11位の畑岡奈紗(22)。そのほか、稲見萌寧(21)が25位、古江彩佳(21)が28位、渋野日向子(22)が31位と続いている。

東京五輪の女子ゴルフ競技に出場する各国代表選手は、来週28日時点の世界ランキングを基準に決定する予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集